>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

ゼブラガニ

ゼブラガニ

イイジマフクロウニに共生するゼブラガニ。
写真は甲幅が約2mmの極小ガニで、これまでの最小記録です。
このカニが棲んでいたイイジマフクロウニも小さくて、直径は7cm程。
ご覧の通り棘も細くてまばらでウニの地肌がよく見えます。
Ambon Gallery 49-249-3 はよく似たサイズの別の個体。
ちなみに Ambon Gallery 49-4 は甲幅約5cmで今回の最大。

「海中写真館」 Ambon Gallery 49-1
Nikon D810●AF-S Micro NIKKOR 60mm●Z-240×2
2017-04-27 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ウスイロサンゴガニ



前回に続きウスイロサンゴガニ。
一昨年撮影した写真でホストはカナアミカラマツです。
両方のハサミを大きく広げるのは威嚇のポーズ。
2匹が同じポーズでシンクロしてくれました。

「海中写真館」 Ambon Gallery 19-8
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-04-23 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ウスイロサンゴガニ

ウスイロサンゴガニ

クダヤギの先端で威嚇のポーズをとるウスイロサンゴガニ。
普段なら背中(甲羅)側から撮ることが多いのですが
この個体は卵を抱えていたので腹側から撮りました。
Ambon Gallery 46-546-6 は同じ個体の別カット。
Ambon Gallery 46-746-8 はそれぞれ別の個体。
今回は産卵の時期だったのか、卵を抱えたカニをよく見ました。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-04-19 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

モンハナシャコ

モンハナシャコ

卵をいっぱい抱えたモンハナシャコ。
独特の体色に卵のオレンジ色がとても綺麗です。
以前NHKの「ダーウィンが来た!」で放送されていましたが
卵が孵化するまでは約1ヵ月で、その間は何も食べない。
そして強力な武器であるシャコパンチも出せない。
とのことで、モンハナシャコにとっては最も無防備な状態です。

「海中写真館」 Ambon Gallery 45-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-04-15 | 水中写真 | 甲殻類(その他) | Comment(0)

パロンシュリンプ

パロンシュリンプ

カイメンに擬態しているパロンシュリンプ。
和名は無く、学名は Gelastocaris paronae です。
とにかくこのエビの擬態は完璧で、肉眼はもとより写真でも???
この写真はエビを真正面から撮影していますが
色の濃淡でエビの全身が、そしてよく見ると両眼がわかります。

「海中写真館」 Ambon Gallery 44-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-04-11 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

コールマンズシュリンプ

コールマンズシュリンプ

前回に続きコールマンズシュリンプです。
この個体はとにかく小さく(体長約6mm)、これまでの最小記録。
前回の写真とウニの棘で比較するとその小ささがわかると思います。
あまりの可愛さに水深が深いのも忘れて夢中で撮りました。
Ambon Gallery 42-242-3 は別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 42-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-04-07 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

コールマンズシュリンプ

コールマンズシュリンプ

イイジマフクロウニを見つけて最初に探すのはコールマンズシュリンプ。
今回は水温が高かったためか個体数が少なく、しかも水深が深め。
この写真のペア以外にはシングルで大小2個体だけでした。
Ambon Gallery 42-542-6 は同じペアの別カット。
Ambon Gallery 42-742-8 はスポットライトで撮影。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-04-03 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

アロポントニア・ブロッキー

アロポントニア・ブロッキー

カラフルで美しく、猛毒を持つイイジマフクロウニ。
このウニに共生している生き物も多く、マクロ撮影に有難いホストです。
写真のエビは学名アロポントニア・ブロッキー(Allopontonia brockii)。
テナガエビの一種で日本でも見られますが和名はありません。
Ambon Gallery 41-641-741-8 はそれぞれ別の個体。

「海中写真館」 Ambon Gallery 41-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-03-30 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

トゲツノメエビ

トゲツノメエビ

フリソデエビと並んで人気がある近似種のトゲツノメエビ。
今回のアンボンでは全部で5個体見つかりました。
全身トゲトゲ、背景に紛れると判りにくい写真になりますが
カイメンの先端にとまったので後ろをぼかすことができました。
Ambon Gallery 40 は今回の全トゲツノメエビ。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-03-26 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

フリソデエビ

フリソデエビ

これまで私が見た(撮った)中でも特に小さなフリソデエビ。
体長は1cm弱、後ろにぼんやり写っているのは普通サイズの個体です。
ちなみにこれまでの最小記録はトランバンで撮影した entry-88
こちらは体が透明で、サイズは僅か5mmでした。
Ambon Gallery 41-141-4 はそれぞれ別のカップル。

「海中写真館」 Ambon Gallery 41-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-03-22 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(2)

ウミシダヤドリエビ

ウミシダヤドリエビ

羽枝の先端にとまったウミシダヤドリエビ。
ホストのウミシダと一体化してさりげなく馴染んでいます。
バックをぼかすことができたので画面がうるさくならずにスッキリ。
ブラウン&イエロー、同系色のツートンカラーでまとまりました。
Ambon Gallery 39-739-8 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-03-18 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

キサンゴの一種、ハナタテサンゴにとまっていたセボシウミタケハゼ。
残念ながらハナタテサンゴの触手は閉じていましたが
体壁の赤茶色と白色のコントラストが美しく
主役のセボシウミタケハゼによく合っていました。
Ambon Gallery 38-8 は横位置カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 38-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-03-14 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

ニジギンポ

ニジギンポ

アンボンでは普通に見られるニジギンポ。
岩の穴だけでなくホヤやカイメン、人工的なパイプや空き瓶など
いろんな場所から顔を覗かせていて、いい被写体になってくれます。
この写真は大きなチャツボボヤに隠れていた個体。
Ambon Gallery 35-7 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-03-10 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

メガネウオ

メガネウオ

砂に埋もれて獲物を待ちかまえるメガネウオ。
普通にストロボで撮影したのではあまり面白くないので
LEDのスポットライト(INON LF800-N)で撮影しました。
このライトは強力で60mmマクロには最適のスポット光になりますが
光の色が黄色味が強いのでWBの調整が必要です。
Ambon Gallery 35-135-2 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●AF-S Micro NIKKOR 60mm●LED light
2017-03-06 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

サンゴトラザメ

サンゴトラザメ

ナイトダイビングの浅場で見つけたサンゴトラザメ。
夜行性の小型のサメ(約70cm)で、もちろん危険はありません。
この子はなぜかまったく警戒心が無く、目の前まで近づいてもOK。
サメと正面から向き合う姿勢で、じっくり撮影することができました。
Ambon Gallery 34-7 はさらに近づいて。

「海中写真館」 Ambon Gallery 34-8
Nikon D810●AF-S Micro NIKKOR 60mm●Z-240×2
2017-03-02 | 水中写真 | 魚類(サメ,エイ) | Comment(0)

ヨロイウオ

ヨロイウオ

頭を下にして泳ぐヘコアユとそっくりのヨロイウオ。
小さな群れでトゲトサカの群落を移動していました。
ヘコアユよりも体側の線が赤茶色っぽく、背鰭に関節がないのが特徴。
中望遠マクロにはやや大きすぎる被写体ですが
少し離れた位置から自然光を生かして撮りました。
Ambon Gallery 33-8 は別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 33-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-02-26 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ニシキフウライウオ

ニシキフウライウオ

体に透明感があるニシキフウライウオの幼魚です。
スリムな体に対し大きな尾鰭が美しいので、もちろん鰭は全開で。
体が透明な分、後ろにホストが重なると紛れてしまうので
バックは思いきりぼかすか海で抜くのがベストです。
Ambon Gallery 33-5 は別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 33-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-02-22 | 水中写真 | 魚類(ニシキフウライウオ) | Comment(0)

タツウミヤッコ

タツウミヤッコ

至近距離から撮影したタツウミヤッコの正面顔。
ヤッコと言っても細長いヨウジウオの仲間です。
この写真では判りませんが、吻が長く、体に9対の皮弁があるのが特徴。
幼魚のうちは特に皮弁が大きく、成魚になると目立たなくなります。
ヨウジウオは全身を入れて撮ると背景に紛れてわかりづらくなるので
顔をアップで、バックをぼかして撮ると綺麗です。

「海中写真館」 Ambon Gallery 33-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-02-18 | 水中写真 | 魚類(シーホース) | Comment(0)

テイラーズファイルフィッシュ

テイラーズファイルフィッシュ

アオサハギにそっくりのテイラーズファイルフィッシュの幼魚。
比べてみるとアオサハギの幼魚の柄が細いライン状なのに対し
テイラーズファイルフィッシュの幼魚は小さな点々模様です。
Ambon Gallery 32-6 は縦位置、32-732-8 は2日後に撮影。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-02-14 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

シマウミスズメ

シマウミスズメ

至近距離から撮影したシマウミスズメの幼魚。
真正面からカメラを近づけてもまったく逃げる気配がありませんでした。
可愛らしさにかけては前回のミナミハコフグの幼魚といい勝負ですが
南の島ではミナミハコフグよりも見る機会が少ないので貴重です。

「海中写真館」 Ambon Gallery 32-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-02-10 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)
▼NEXT
福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION