福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

コールマンズシュリンプ

コールマンズシュリンプ

これまであちこちの海で撮影したコールマンズシュリンプ。
ホストがイイジマフクロウニと決まっているので
どれを見ても一見同じような写真に見えますが
よく見るとエビ、ウニともにそれぞれ微妙に違います。
このイイジマフクロウニは棘の色がカラフルな淡色で綺麗です。
Bali Gallery 303-1303-2303-4 は別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 303-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

コールマンズシュリンプ 

 
2019-03-27 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

ウミウシカクレエビ

ウミウシカクレエビ

こちらはミカドウミウシに棲むウミウシカクレエビのペア。
トランバン(バリ島)のナイトダイビングの定番です。
他のウミウシやナマコにつく場合は擬態しているようには見えませんが
なぜかミカドウミウシにつく場合は完璧に擬態しています。
Bali Gallery 302-1302-2302-4 は別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 302-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ウミウシカクレエビ 

 
2019-03-23 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

ウミウシカクレエビ

ウミウシカクレエビ

2匹のマダライロウミウシに2匹のウミウシカクレエビ。
もともとエビが別々のウミウシにいたかどうかはわかりませんが
このようなウミウシどうしの出会いが
そこに棲むエビの出会いにもつながるのだと再認識しました。
Bali Gallery 301 はこの時の全カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 301-8
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ウミウシカクレエビ 

 
2019-03-19 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

ナンヨウホタルイカ属sp.

ナンヨウホタルイカ属sp.

前回に続きナンヨウホタルイカ属の一種。
このイカの特徴は全身に点在する小さな発光器。
カウンターイルミネーションと呼ばれる防御方法で
下から見た時に自身の影を目立たなくすると言われています。
ストロボ光を当てていますが、この写真はイカの発光がよくわかります。
Pupua Gallery 31-8 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 31-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ナンヨウホタルイカ属sp. 

 
2019-03-15 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

ナンヨウホタルイカ属sp.

ナンヨウホタルイカ属sp.

ナイトダイビングで撮影したナンヨウホタルイカ属の一種。
学名 Abralia veranyi に近い種類と思われます。
この時のダイビングはハウスリーフの中層を移動せずにホバリング。
総勢6名でライトを当て、浮遊生物を集めました。
期待したほどの成果はありませんでしたが、最後にこのイカが出現。
Pupua Gallery 31-431-6は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 31-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ナンヨウホタルイカ属sp. 

 
2019-03-11 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

アデヤカミノウミウシ

アデヤカミノウミウシ

いい場所にとまっていたアデヤカミノウミウシ。
どこの海でも見つかる普通種ですが
見つけるとついつい写真を撮りたくなります。
ミノの開き具合や重なり方、体の曲げ具合や触覚の向きなど
ちょっとした違いで写真はガラリと変わります。

「海中写真館」 Pupua Gallery 30-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

アデヤカミノウミウシ 

 
2019-03-07 | 水中写真 | ウミウシ | Comment(0)

クロスジウロコウミウシ

クロスジウロコウミウシ

Lawadi Beach でよく見られるクロスジウロコウミウシ。
ウロコのような背側突起は表裏で柄が異なり
外側は黒と黄色の筋模様で内側は黒にオレンジ色の水玉模様。
活動中はこのウロコをヒラヒラとさせながら移動するので
英名では Tiger butterfly と呼ばれています。
Pupua Gallery 30-130-230-3 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 30-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

クロスジウロコウミウシ 

 
2019-03-03 | 水中写真 | ウミウシ | Comment(0)

フリソデエビ

フリソデエビ

体長4mm程の極小フリソデエビ。
これまで撮影した中では2番目に小さな個体です。
このサイズだと特徴のフリソデ(第二胸脚)はまだ小さく
眼や頭上の第一触覚の方がよく目立ちます。
小さくても食欲は旺盛、撮影中もヒトデを放すことはありませんでした。
Pupua Gallery 28-3 は別カット。
以前ご紹介した entry-88 はこれまでの最小記録。

「海中写真館」 Pupua Gallery 28-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

フリソデエビ 

 
2019-02-27 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

ホシナシイソギンチャクエビ

ホシナシイソギンチャクエビ

イボハタゴイソギンチャクで見つけたホシナシイソギンチャクエビ。
紫色のイソギンチャクの触手が美しかったので、撮影しました。
このイソギンチャクに同居しているのは気が強いトウアカクマノミ。
たとえエビを撮影していても画面内に割り込んでくるので
なかなかエビに集中できません。

「海中写真館」 Pupua Gallery 28-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ホシナシイソギンチャクエビ 

 
2019-02-23 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

オドリカクレエビ

オドリカクレエビ

ハナギンチャクの周囲でホバリングしていたオドリカクレエビ。
ハナギンチャクの中央部がオレンジ色で美しかったので
背景に入るようにエビを誘導しながら撮影しました。
Pupua Gallery 27-8 は真上から。

「海中写真館」 Pupua Gallery 27-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

オドリカクレエビ 

 
2019-02-19 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

メラネシアンブルーデビル

メラネシアンブルーデビル

アロタウで見られるスズメダイ、学名は Chrysiptera cymatilis。
鮮やかなブルーが特徴で、一見どこにでもいそうなスズメダイですが
1999年にニューギニア島近海で発見された新種です。
貴重な魚ということで、とりあえずは鰭全開を真横から。
Pupua Gallery 26-6 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 26-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

メラネシアンブルーデビル 

 
2019-02-15 | 水中写真 | 魚類(スズメダイ) | Comment(0)

ハナビラクマノミ

ハナビラクマノミ

壺状に閉じていたセンジュイソギンチャクとハマクマノミ。
イソギンチャクが閉じる理由は捕食中とか海が暗いとか諸説ありますが
様々な条件で閉じていることがあるので確かな理由はわかりません。
なぜか今回のアロタウでは壺状に閉じたイソギンチャクをよく見ました。
イソギンチャクの体壁を見た目に近いブルーに写すため
自然光を生かして撮影しました。
Pupua Gallery 26-126-2 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ハナビラクマノミ 

 
2019-02-11 | 水中写真 | 魚類(クマノミ) | Comment(0)

クラウンアネモネフィッシュ

クラウンアネモネフィッシュ

カクレクマノミと酷似しているクラウンアネモネフィッシュ。
実際のところ見た目では区別がつかないので
生息域からクラウンアネモネフィッシュとしました。
この時はイソギンチャクが壺状に閉じかけて体壁の赤紫色が美しく
それを画面に入れたくて写真を撮りました。
Pupua Gallery 25-4 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 25-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

クラウンアネモネフィッシュ 

 
2019-02-07 | 水中写真 | 魚類(クマノミ) | Comment(0)

トウアカクマノミ

トウアカクマノミ

イボハタゴイソギンチャクに共生しているトウアカクマノミの幼魚。
日本では名前の通り頭が赤く、レアなことから人気がありますが
海外で見られる成魚は黒っぽい個体が多くて地味。
撮影するなら可愛い幼魚がおすすめです。
Pupua Gallery 25-2 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

トウアカクマノミ 

 
2019-02-03 | 水中写真 | 魚類(クマノミ) | Comment(0)

ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴ

Lawadi Beach で見つけたハナミノカサゴの幼魚。
ここは一面が砂泥質で、目立ったホストがあまりないのですが
高さ30cm程のカイメンに、いいサイズの幼魚がとまっていました。
ハナミノカサゴの幼魚は胸鰭の美しい水玉模様が特徴。
胸鰭が全開になる瞬間を狙って、ひたすらシャッターを切りました。
Pupua Gallery 24-724-8 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 24-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ハナミノカサゴ 

 
2019-01-30 | 水中写真 | 魚類(カサゴ,オコゼ) | Comment(0)

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

アロタウの代表的なマクロポイント Lawadi Beach。
河口にある砂泥質のスロープで、マクロ生物の宝庫です。
写真はサボテングサに擬態しているハリメダゴーストパイプフィッシュ。
近似種のカミソリウオやニシキフウライウオに比べると稀種で
私が見た(撮影した)のも今回で3度目です。
以前ご紹介した category-25 はアンボンで撮影。

「海中写真館」 Pupua Gallery 24-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ハリメダゴーストパイプフィッシュ 

 
2019-01-26 | 水中写真 | 魚類(ニシキフウライウオ) | Comment(0)

クマドリカエルアンコウ

クマドリカエルアンコウ

体長約9mm、極小サイズのクマドリカエルアンコウです。
これまでもっと小さなイロカエルアンコウは撮影したことはありますが
クマドリカエルアンコウではこの個体が最小記録です。
頭の突起(第2背鰭棘)が突き出ていて、すべての鰭が全開。
動きの中からできるだけカタチのいい瞬間を撮影しました。
Pupua Gallery 24-2 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 24-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

クマドリカエルアンコウ 

 
2019-01-22 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(0)

ホソカマス

ホソカマス

アロタウのバラクーダポイントで撮影したホソカマス。
ここではブラックフィンバラクーダも見られますが個体数は少なく
こちらのホソカマスの方が良く見られます。
まさに光り物そのものなので、ストロボ光の反射し過ぎに注意。
Pupua Gallery 19-119-219-3 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-240×2

ホソカマス 

 
2019-01-18 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ディコンズリーフ

ディコンズリーフ

アロタウを代表する人気ポイント Deacon’s Leef。
木々が生い茂る岸近くの水中にはソフトコーラルが繁茂。
水中に射し込む木漏れ日が幻想的なポイントです。
この日は生憎天気が悪く、日射しはありませんでしたが
水中が暗い分、ソフトコーラルが元気でポリプが全開でした。
Pupua Gallery 22-4 は別カット、18-8 は対角魚眼。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-240×2

ディコンズリーフ 

 
2019-01-14 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

コーラルガーデン

コーラルガーデン

引き続きアロタウのCoral Garden。
中央のサンゴを挟んで上側のライトブルーは水面ぎりぎりの浅い海。
下側のダークブルーは垂直に切り立ったドロップオフの深い海。
円周魚眼の超広画角ならではの不思議な水中景観です。
Pupua Gallery 21-521-621-7 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 21-4
Nikon D610●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-240×2

コーラルガーデン 

 
2019-01-10 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)
▼NEXT

CALENDER

02 | 2019/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

TAGS

COMMENTS

LINKS

INFOMATION