福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

アザハタ

アザハタ

ゼロ戦と呼ばれている戦闘機が沈んだポイント。
今ではすっかり魚礁となって、小魚がぐっちゃりと群れています。
ここの生態系の頂点は3匹の真っ赤なアザハタ。
撮影中、在りし日のニシバマ(慶良間)のアザハタを思い出しました。
Yakushima Gallery 1-51-61-8 は別カット。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 1-7
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2

アザハタ 

 
2014-10-20 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

アザハタ

アザハタ

長年ダイバーに親しまれてきたニシバマ(慶良間)のアザハタ。
先月の10日を境に、突然姿を消してしまいました。
これまで何度も雑誌等で紹介された慶良間の顔的存在。
私自身も16年前から撮り続けてきただけにとても残念です。
この写真は2004年7月に撮影したお気に入りの1枚。
これまでご紹介した写真は2006年11月2007年6月2007年7月

「海中写真館」 Kerama Gallery 14-7
Nikon F100●SIGMA 15mm Fisheye●Z-220×2

アザハタ 

 
2012-07-08 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(2)

アザハタ

アザハタ

前月に引き続き、慶良間で撮影した最新のアザハタです。
単体よりペアで撮るのは数倍難しく、シャッターチャンスも限られますが
うまくいけばペアならではのストーリーが感じられるシーンが撮影できます。
この写真、フォトコンに出すなら迷わず題名がつけられそうです。

「海中写真館」 Kerama Gallery 33-3
NIKONOS RS●R-UW AF Fisheye Nikkor 13mm●Z-220×2

アザハタ 

 
2007-08-16 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(6)

アザハタ

アザハタ

慶良間を代表するニシバマ、そこで長年人気者のアザハタ。
同じ根、同じ個体ですが、潜るたびに彼らの行動は違います。
穴に入ったり、少し遠出していたり、クリーニング中だったり…
この撮影の時、2匹は見ていてうらやましいほど寄り添うことが多く
ご覧のような仲むつまじいツーショットが撮れました。

「海中写真館」 Kerama Gallery 31-1
NIKONOS RS●R-UW AF Fisheye Nikkor 13mm●Z-220×2

アザハタ 

 
2007-07-02 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(4)

アザハタ

アザハタ

ケラマと言えばニシバマ、ニシバマと言えばこのアザハタ。
雑誌でもたびたび紹介されるダイビング界のスーパースターです。
今まで何10万回?とフラッシュを浴び、モデルとしての経験は10年以上。
このカップル、以前は3匹いて複雑な三角関係?だったのですが現在は2匹。
2年前に心ない人の釣り針が原因で、1匹いなくなってしまいました。
Kerama Gallery 29-7 はこの次に撮ったカット。
さすがスーパーモデル、ポーズのとり方も心得ているでしょ。

「海中写真館」 未掲載
NIKONOS RS●R-UW AF Fisheye Nikkor 13mm●Z-220×2

アザハタ 

 
2006-11-20 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(6)

CALENDER

11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

TAGS

COMMENTS

LINKS

INFOMATION