福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

普通のトゲトサカと違ってポリプに特徴があるトサカ。
ポリプが大きく、同心円状に色が変化しています。
撮影したいので何かいないか探してみると
期待通り小さなセボシウミタケハゼがとまっていました。

「海中写真館」 Bali Gallery 169-3
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2

セボシウミタケハゼ 

 
2018-06-03 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

オレンジ色のヤギにとまっていた小さなセボシウミタケハゼ。
美しいポリプに囲まれ、見え隠れしているこの状態が大好きです。
このオレンジ色に最適なバックの色はやはり黒。
青で抜くとどうしてもミスマッチな配色になってしまいます。
Bali Gallery 169-2 は縦位置カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D600●TAMRON AF90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2018-05-30 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

当ブログでよくご紹介するシャコガイの外套膜とセボシウミタケハゼ。
この時は貝の入水管(口)の縁にハゼがとまったので
刺激を与えないように細心の注意を払って撮影しました。
外套膜の美しい模様に加え、入水管(口)周縁の形状が独特。
フラクタル図形を想わせる絵画的な写真が撮れました。
Bali Gallery 267-7267-8 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2017-11-01 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

真っ赤な軸と真っ白なポリプの対比が美しい通称マキマキサンゴ。
トランバンでは年々数が減り、最近はほとんど見られなくなりました。
Bali Gallery 258-4 はこの写真のマキマキサンゴの全体像。
ダイバーがほとんど来ない、深場のシークレットポイントです。
Bali Gallery 266 はここで撮影したセボシウミタケハゼ。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●AF-S Micro NIKKOR 60mm×1.5Telecon●Z-240×2

セボシウミタケハゼ 

 
2017-10-28 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

シャコガイの外套膜にとまっていたセボシウミタケハゼ。
これまでに何度かご紹介しましたが
entry-92884374174038314326
外套膜の美しい模様は変化に富み、マクロ撮影に最適です。
Philippines Gallery 57-7 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D800●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2017-06-30 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

キサンゴの一種、ハナタテサンゴにとまっていたセボシウミタケハゼ。
残念ながらハナタテサンゴの触手は閉じていましたが
体壁の赤茶色と白色のコントラストが美しく
主役のセボシウミタケハゼによく合っていました。
Ambon Gallery 38-8 は横位置カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 38-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2017-03-14 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ



シャコガイの外套膜に棲んでいたセボシウミタケハゼ。
外套膜の模様は多彩で、マクロ写真の背景としても最高。
大きめのシャコガイを見つけた時はハゼやエビを念入りに探します。
Bali Gallery 243-1243-2243-3243-4 は別カット。
243-5243-6 は別のシャコガイで見つけたハゼ。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●TAMRON 90mm MACRO×1.5Telecon+36mmExtension●Z-240×2

セボシウミタケハゼ 

 
2016-11-03 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ



通称マキマキサンゴと呼ばれている扇状のソフトコーラル。
軸は赤色ですが、片側の中央が窪んでいて白くなっています。
雪の結晶を想わせる真っ白なポリプとの対比が美しく
必ずと言っていいほどセボシウミタケハゼが見つかります。
Bali Gallery 241 は3カ所のマキマキサンゴで撮影。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 150mm●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2016-10-30 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

カイメンを棲家にしていたセボシウミタケハゼ。
右上の飛び出た部分が不気味な顔のように見え
可愛いハゼとは対照的にちょっと怖い写真になりました。
この顔で連想するのはゴースト?それともムンクの「叫び」?

「海中写真館」 Ambon Gallery 11-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2016-02-01 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

真っ赤な軸に大形の真っ白なポリプ。
コントラストが美しいソフトコーラル&セボシウミタケハゼです。
以前はトランバン(バリ島)でよく撮影しましたが
最近は数が減り、ほとんど見られなくなりました。
Ambon Gallery 10-510-610-710-8 は同じ時に撮影。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2016-01-28 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

シャコガイの外套膜で見つけたセボシウミタケハゼ。
このシチュエーションはこれまで何度か撮影したことがありますが
今回はまるでブルーリングオクトパス(ヒョウモンダゴ)のような
美しい模様の外套膜で撮影することができました。
Kalimantan Gallery 9-8 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000

セボシウミタケハゼ 

 
2015-11-26 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

前回とは別のシャコガイについていたセボシウミタケハゼ。
これと同じ模様(外套膜)のシャコガイは沖縄でもよく見かけます。
シャコガイの外套膜の色柄は共生する褐虫藻によるものですが
なぜ何種類もの複雑なパターンができるのか不思議です。
Yakushima Gallery 5-8 は2日後に撮影。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 5-7
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2014-10-04 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

今月、屋久島で撮影したセボシウミタケハゼ。
星空のような背景はシャコガイの外套膜です。
この外套膜、撮影しているとブルーの星がどんどん鮮やかに。
シャコガイには光を感知する組織がありますが
ライトの光や気配を感知し、興奮状態になっているのかも知れません。
Yakushima Gallery 5-1~5-5 は同じシャコガイで撮影した別カット。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 5-6
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2014-09-30 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

一見、何かの骨のように見える背景ですが
ホストは高さが20cm程のモノトーンのウミエラです。
2匹のセボシウミタケハゼがいい位置で顔を覗かせていました。
Bali Gallery 194-3 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D600●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2014-07-11 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(2)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

黄色いホヤについていたセボシウミタケハゼ。
トランバンでホヤハゼは数え切れないほど撮りましたが
この色のホヤで見つけた(撮影した)のは初めてです。
小さな個体で体が透明なので黄色を生かすことができました。
Bali Gallery 194-1 はハゼを真上から。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D800●SIGMA MACRO 70mm×3Telecon●Z-240×2

セボシウミタケハゼ 

 
2014-07-07 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼは産卵のためにホヤにつくことが多いのですが
今回は時期が悪かったのか、あまりホヤハゼが見つかりませんでした。
このハゼもホヤのいい場所にのっていますが、産みつけた卵はなし。
守る卵が無いので、すぐにどこかにいってしまいます。

「海中写真館」 Bali Gallery 193-2
Nikon D600●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2014-07-03 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

ヤギの幹でオレンジ色に染まったセボシウミタケハゼ。
まるで花に囲まれたように、周りのポリプが全開です。
ドロップオフは日中でも太陽の向きによっては日陰になるので
ソフトコーラルのポリプがいっせいに開いていることがあります。
Borneo Gallery 16-4 は別の場所で撮影したポリプ全開のヤギとハゼ。

「海中写真館」 Borneo Gallery 16-3
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2014-02-28 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

ホヤハゼ(セボシウミタケハゼ)のスポットライト撮影です。
光源は強力なLEDライト(INON LE700-S)。
今回新たに作製したスッポトライトアダプターを使用しています。
ストロボのスポットライトと違ってファインダーで効果を確認できるので
スポット光の微妙な調整が可能です。
Bali Gallery 170-6170-7 は同じ時に撮影した別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D600●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●LED light

セボシウミタケハゼ 

 
2013-11-26 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(1)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

いつものブルーのホヤハゼ(セボシウミタケハゼ)。
ホヤは単体で寂しかったのですが、カラフルなバックが生かせました。
今回のトランバンは水中が荒れた様子で美しいホストが激減。
ホヤも例外ではなく、密度の高い群生が見られなくなってしまいました。
この写真、よく見るとハゼの尾鰭の右横に1mmにも満たないヒラムシが
そしてハゼの頭部の右下(ホヤの中)にはタルマワシが写っています。

「海中写真館」 Bali Gallery171-3
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2

セボシウミタケハゼ 

 
2013-11-22 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

引き続き違う種類のホヤで見つけたセボシウミタケハゼ。
いつものホヤと同じ紺色ですが、このホヤは10cm以上もある大型種。
不安定なカナアミカラマツの枝に寄生するように生えていました。
トランバンはセボシウミタケハゼの個体数が特に多いので
いろんな種類のホヤでホヤハゼを撮影することができます。
Bali Gallery171-6171-7171-8 は同じ種類のホヤ。

「海中写真館」 Bali Gallery171-5
Nikon D600●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2013-11-18 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)
▼NEXT

CALENDER

07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

TAGS

COMMENTS

LINKS

INFOMATION