>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

ゼブラガニ

ゼブラガニ

イイジマフクロウニに共生するゼブラガニ。
写真は甲幅が約2mmの極小ガニで、これまでの最小記録です。
このカニが棲んでいたイイジマフクロウニも小さくて、直径は7cm程。
ご覧の通り棘も細くてまばらでウニの地肌がよく見えます。
Ambon Gallery 49-249-3 はよく似たサイズの別の個体。
ちなみに Ambon Gallery 49-4 は甲幅約5cmで今回の最大。

「海中写真館」 Ambon Gallery 49-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-04-27 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ウスイロサンゴガニ



前回に続きウスイロサンゴガニ。
一昨年撮影した写真でホストはカナアミカラマツです。
両方のハサミを大きく広げるのは威嚇のポーズ。
2匹が同じポーズでシンクロしてくれました。

「海中写真館」 Ambon Gallery 19-8
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-04-23 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ウスイロサンゴガニ

ウスイロサンゴガニ

クダヤギの先端で威嚇のポーズをとるウスイロサンゴガニ。
普段なら背中(甲羅)側から撮ることが多いのですが
この個体は卵を抱えていたので腹側から撮りました。
Ambon Gallery 46-546-6 は同じ個体の別カット。
Ambon Gallery 46-746-8 はそれぞれ別の個体。
今回は産卵の時期だったのか、卵を抱えたカニをよく見ました。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-04-19 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ゼブラガニ

ゼブラガニ

全身が真っ白なシラヒゲウニに棲んでいたゼブラガニ。
普通のシラヒゲウニは棘が白や茶色で、地肌は濃紺色ですが
このシラヒゲウニは棘だけでなく地肌も白色。
そこに小さなゼブラガニがついていたので夢中で撮影しました。
Kashiwajima Gallery 71-171-2 は別カット。
Kashiwajima Gallery 71-371-4 は普通のシラヒゲウニ。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm●S-2000×2
2017-01-09 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ツノガニ属sp.

ツノガニ属sp.

ムチヤギについていたツノガニ属の一種。
今回のアンボンでは異なるホストで数個体見つかりました。
体にいろんなものをくっつけるDecorator Crabは多く見られますが
このカニは単一のヒドロ虫だけで全身をデコレーションするので
まるでポリプが体の一部のようでとても綺麗です。
Ambon Gallery 19-119-219-4 はそれぞれ別の個体。

「海中写真館」 Ambon Gallery 19-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2016-04-05 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

イソコンペイトウガニ

イソコンペイトウガニ

トゲトサカに擬態しているイソコンペイトウガニ。
擬態の仕上げにホストのポリプを切り取って体にくっつけます。
写真の個体はトゲトサカの枝ごと背中にくっつけていて実に立派。
カモフラージュは完璧ですが、移動するのに重そうです。
Kalimantan Gallery 12-3 は別カット。

「海中写真館」 Kalimantan Gallery 12-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2015-12-12 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ゼブラガニ

ゼブラガニ

ラッパウニに共生していた極小のゼブラガニ。
このカニは数種類のウニで見つかりますが
ラッパウニは短い棘がパターン模様のように見えて綺麗です。
Kashiwajima Gallery 61-6 は縦位置カット。
61-761-8 はそれぞれ色違いのシラヒゲウニにいたゼブラガニ。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 61-5
Nikon D810●TAMRON 90mm MACRO×1.5Telecon+36mmExtension●Z-240×2
2015-10-13 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ナマコマルガザミ

ナマコマルガザミ

ナマコ類に共生するナマコマルガザミ。
色が濃いめのジャノメナマコで見つかりました。
ナマコマルガザミとしてはかなり大きな個体で、甲幅が3cm程。
ここまで成長すると隠れていてもよく目立っていました。
Kashiwajima Gallery 55-4 は甲幅が4mm程の幼体。

「海中写真館」 Kerama Gallery 89-6
Nikon D610●TAMRON AF90mm MACRO×2Telecon●S-2000×2
2015-08-18 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(1)

コマチガニ

コマチガニ

六角形の甲羅と4本の横縞が特徴のコマチガニ。
ウミシダの巻枝(足の部分)に隠れ棲んでいます。
古風な名前ですが、コマチとはウミシダの古い呼び名。
Ishigaki Gallery 23-123-2 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2015-06-01 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ツノガニ属sp.

ツノガニ属sp.

あけましておめでとうございます。
羊をイメージして新年の写真を探していたところ
全身にヒドロ虫をまとった Decorator Crab が目にとまりました。
昨年、トランバンで2個体を発見(Bali Gallery 205)。
おそらくツノガニ属の一種だと思われます。
本年も「海中写真館」をよろしくお願いいたします。

「海中写真館」 Bali Gallery 205-5
Nikon D600●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2015-01-01 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(4)

ゼブラガニ

ゼブラガニ

先月、柏島で撮影したゼブラガニ。
こちらのホストは柏島ではよく見られるシラヒゲウニです。
ウニの外見は前回のイイジマフクロウウニとは随分違いますが
写真を見るとゼブラガニは両方のウニに擬態していることがわかります。
シラヒゲウニはマガタマエビも見つかることがあるので要チェックです。
entry-439 はラッパウニに共生しているゼブラガニ。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 55-3
Nikon D600●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2014-09-27 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ゼブラガニ

ゼブラガニ

イイジマフクロウウニについていたゼブラガニ。
南の島ではこのウニの住人はコールマンズシュリンプが定番ですが
伊豆ではこのゼブラガニが主流のようです。
このカニはウニの棘を刈り込む習性があるので
ちょっと禿げた箇所があるウニを探すと見つかります。

「海中写真館」 Izu Gallery 7-5
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2014-09-21 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

アシビロサンゴヤドリガニ

アシビロサンゴヤドリガニ

スリバチサンゴで見つかるアシビロサンゴヤドリガニ。
自分の体がピッタリ入る穴を掘って隠れ棲んでいます。
とても小さなカニですが、よく見ると周りのサンゴが少し変色。
比較的大きくて模様が綺麗な個体を選んで撮影しました。
Kashiwajima Gallery 46-6 は大接近した2個体。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 46-5
Nikon D800●SIGMA MACRO 70mm×3Telecon●Z-240×2
2013-11-01 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ユキンコボウシガニ(オガサワラカムリ)

ユキンコボウシガニ(オガサワラカムリ)

通称ユキンコボウシガニ、正式和名はオガサワラカムリ。
前回同様スポットライト撮影ですが、こちらの光源はストロボです。
このカニをはじめ、カイカムリの仲間は人気の被写体ですが
同じような写真をよく見るのでちょっと趣向を変えて撮りました。

「海中写真館」 Ishigaki Gallery 13-4
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000
2013-09-10 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(2)

ウスイロサンゴガニ

ウスイロサンゴガニ

トゲトサカのポリプの隙間から姿を見せるウスイロサンゴガニ。
日中も見られますが、この写真はナイトダイビングで撮影しました。
このカニは結構凶暴で、小魚などを強力なハサミで瞬時に捕獲。
これまでも撮影中に何度か目撃することがありました。
Bali Gallery 157-6157-8 はそれぞれ別の場所で見つけた個体。
以前ご紹介したのはフィルムで撮影したウスイロサンゴガニ

「海中写真館」 Bali Gallery 157-7
Nikon D700●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2013-05-09 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ムラサキゴカクガニ

ムラサキゴカクガニ

トックリガンガゼモドキについていたムラサキゴカクガニ。
トランバンのナイトダイビングでは多くのウニが出てきますが
綺麗なウニが多いので、何かいないか丹念に調べます。
見つかるのはガンガゼエビがほとんどですが
棘が邪魔にならない見やすい所にこの小さなカニが。
夜行性のウニはライトを当てると暴れ出すので、撮影は一瞬の勝負です。

「海中写真館」 Bali Gallery 157-5
Nikon D700●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2013-05-05 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ボラダイルツノガニ

ボラダイルツノガニ

どこの海でもナイトダイビングではよく見るボラダイルツノガニ。
夜行性のカニで、日中は隠れているので見ることはありません。
V字に長く伸びたツノ(額棘)と甲にあるV字の白い斑紋が特徴。
もともとはこの赤いヤギの根元にいましたが
ライトを当てると登ってくれたので、すっきりと黒抜きで撮れました。

「海中写真館」 Bali Gallery 157-4
Nikon D700●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2013-05-01 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

ホシベニサンゴガニ

ホシベニサンゴガニ

トランバンで撮影したホシベニサンゴガニ。
ホストのカナアミカラマツをよく探すとたいてい見つかります。
カナアミカラマツのポリプは白っぽいものとグレーっぽいものがあり
この写真のホストは白っぽいポリプのカナアミカラマツ。
以前ご紹介した entry-332 はグレーっぽいポリプです。

「海中写真館」 Bali Gallery 121-4
Nikon D700●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2012-11-19 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

マルガザミ

マルガザミ

ハナギンチャクを棲み家にしているマルガザミ。
普通はハナギンチャクの管の根元に隠れているのですが
この時は堂々と触手の中央に陣取っていました。
ここにいるとよく目立ちますが、外敵に襲われる心配は無さそうです。
以前ご紹介したのはナマコについているナマコマルガザミ

「海中写真館」 Philippines Gallery 41-2
Nikon D700●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2012-05-19 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(2)

イソコンペイトウガニ

イソコンペイトウガニ

トゲトサカに完璧に擬態しているイソコンペイトウガニ。
トサカの中に埋もれていると周囲と同化してわかりづらくなりますが
カニを出そうと不用意にトサカを触るとポリプが閉じてしまうのでNG。
できるだけ自然な状態で主役を目立たせることができればベストです。
Bali Gallery 134-5 は別の個体ですが、バックをぼかしてカニを強調。
これまでご紹介したイソコンペイトウガニは entry-145entry-105

「海中写真館」 Bali Gallery 134-6
Nikon D700●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2012-01-20 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)
▼NEXT
福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION