>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

テイラーズファイルフィッシュ

テイラーズファイルフィッシュ

アオサハギにそっくりのテイラーズファイルフィッシュの幼魚。
比べてみるとアオサハギの幼魚の柄が細いライン状なのに対し
テイラーズファイルフィッシュの幼魚は小さな点々模様です。
Ambon Gallery 32-6 は縦位置、32-732-8 は2日後に撮影。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-02-14 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

シマウミスズメ

シマウミスズメ

至近距離から撮影したシマウミスズメの幼魚。
真正面からカメラを近づけてもまったく逃げる気配がありませんでした。
可愛らしさにかけては前回のミナミハコフグの幼魚といい勝負ですが
南の島ではミナミハコフグよりも見る機会が少ないので貴重です。

「海中写真館」 Ambon Gallery 32-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-02-10 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

ミナミハコフグ

ミナミハコフグ

特に女性ダイバーに人気のミナミハコフグの幼魚です。
岩陰を好み、カメラを向けるとフラフラと逃げまわり
しかも体の向きをクルクルと変えるので撮影は根気が必要。
こちらを向いてくれた瞬間にシャッターが切れるとほっとします。
Ambon Gallery 32-132-2 は同じ個体の別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-02-06 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アオサハギ

アオサハギ

あけましておめでとうございます。
トゲトサカから顔を覗かせるアオサハギの幼魚。
この小さな幼魚はアップで撮ることが多いのですが
たまにはカメラを引いてさりげなく撮ってみるのもいいものです。
昨年末より全ページをレスポンシブデザイン化し
スマートフォン、タブレット、PCの各画面サイズに対応しました。
本年も「海中写真館」をよろしくお願い申し上げます。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 63-6
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm●S-2000×2
2017-01-01 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(2)

アオサハギ

アオサハギ

柏島の定番、ウミシダとアオサハギの幼魚です。
このウミシダはよく見るタイプで、羽枝の先が黄色。
背景にしてぼかすと黄色い玉ボケができて綺麗です。
Kashiwajima Gallery 63-1 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm●S-2000×2
2016-12-29 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アオサハギ

アオサハギ

イソバナを背景にした体長8mm程のアオサハギの幼魚。
柏島ではよく撮影しますが、慶良間では初めてです。
柏島での背景はウミシダやトサカ類が圧倒的に多いのですが
イソバナが背景のアオサハギは慶良間ならでは。
Kerama Gallery 93-6 はさらに小さな体長3mm程の極小幼魚。

「海中写真館」 Kerama Gallery 93-7
Nikon D610●TAMRON 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2016-09-05 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

ノコギリハギ

ノコギリハギ

ウミカラマツで見つけたノコギリハギの幼魚です。
もちろん真横から撮影するのは基本ですが
ファインダーで動きを追っていると体の向きをよく変えます。
体の後ろは横向きのまま、こちらを向いた瞬間が撮れました。

「海中写真館」 Kerama Gallery 93-5
Nikon D610●TAMRON 90mm MACRO×2Telecon●S-2000×2
2016-09-01 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

ノコギリハギ

ノコギリハギ

前回と同じノコギリハギの極小幼魚。
撮影中にウミウチワからこのトゲトサカに移動したのですが
ご覧の通り黒かった模様が薄くなり、黄色っぽく変色しました。
アオサハギの幼魚は背景に合わせて瞬時に体色が変わりますが
ノコギリハギの幼魚でそれを確認できたのは初めて。
Kalimantan Gallery 8-7 は縦位置カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2015-12-04 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

ノコギリハギ

ノコギリハギ

ウミウチワに寄り添うノコギリハギの幼魚。
まだ横縞がはっきりしていない、まだら模様の極小個体です。
この写真は最初に撮った1枚で、背景のウミウチワのポリプが全開。
さらに近寄った Kalimantan Gallery 8-6 は閉じてしまいました。

「海中写真館」 Kalimantan Gallery 8-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2015-11-30 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

ミナミハコフグ

ミナミハコフグ

岩陰のガンガゼに隠れていたミナミハコフグの幼魚です。
小さくても黒をバックに黄色の体は目立つのですが
ガンガゼの棘に隠れてしまうのでなかなかシャッターが切れません。
Kashiwajima Gallery 59-2 は真横から。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 59-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 150mm●S-2000×2
2015-10-01 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アオサハギ

アオサハギ

前回よりもさらに小さなアオサハギの幼魚です。
90mmマクロレンズに1.5倍テレコンと36mm接写リングを装着し
さらにカメラ(D810)側で撮像範囲を1.2×にした高倍率マクロ。
FX(フルサイズ)の3倍テレコンに近い撮影倍率が得られますが
この組み合わせの方がレンズが明るく、画質が良好です。
Kashiwajima Gallery 58-358-4 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●TAMRON 90mm MACRO×1.5Telecon+36mmExtension●Z-240×2
2015-09-27 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アオサハギ

アオサハギ

柏島では必ず撮影するアオサハギの幼魚。
フラフラと泳ぎながら体をくねらせ、すぐに隠れてしまうので
なかなか思うようには撮らせてもらえません。
背景はウミシダ、赤紫色と黄色のコントラストが際立ちました。
Kashiwajima Gallery 58-1 は別カット。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 58-2
Nikon D610●SIGMA MACRO 150mm●S-2000×2
2015-09-23 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アオサハギ

アオサハギ

体長5mm以下のアオサハギの超極小幼魚。
前回のアミメハギ同様、黄色のオドリカラマツで見つかりました。
アオサハギの幼魚は体をねじったポーズが多いのですが
この写真は頭から尾鰭まで真っ直ぐで真横から。
頭でっかちのアンバランスな体形がよくわかります。
Kashiwajima Gallery 50-2 は正面顔。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 50-1
Nikon D800●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●Z-240×2
2015-01-10 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アミメハギ

アミメハギ

体長1cm程のアミメハギの極小幼魚。
柏島の定番ホスト、黄色のオドリカラマツに隠れていました。
この写真は70mmマクロレンズ+2倍テレコン+接写リングですが
D800で撮像範囲を1.2xに設定すると最大撮影倍率は約3倍。
3倍テレコンよりも明るく画質がシャープなので
高倍率マクロ撮影の有力な選択肢です。
Kashiwajima Gallery 49-7 は正面顔。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 49-6
Nikon D800●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●Z-240×2
2015-01-06 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アミメハギ

アミメハギ

ヤギに寄り添うアミメハギの幼魚です。
幼魚の特徴は葉っぱのような体形に大きな眼
そしてちょこっと突き出たおちょぼ口。
さらに美しいホストに隠れていることが多いので
見つけたら即、撮影モード全開です。

「海中写真館」 Izu Gallery 6-5
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2014-09-13 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アミメハギ

アミメハギ

ウミヒドラに身を寄せていたアミメハギの極小幼魚。
体長は8mm程で、3倍テレコンで撮影しています。
普段はあまり目立たないヒドロ虫(ポリプ)ですが
拡大して撮影してみるとヒドロ花が繊細で綺麗です。
Kashiwajima Gallery 40-4 は別カット。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 40-3
Nikon D800●SIGMA MACRO 70mm×3Telecon●Z-240×2
2013-10-12 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アオサハギ

アオサハギ

引き続きウミシダに隠れていたアオサハギの幼魚。
前回の個体よりも大きめで、地味な色の個体でしたが
カールしたウミシダの羽枝の中にうまく入ってくれました。
Kashiwajima Gallery 38-2 は3秒前の写真ですが
アオサハギの目線と位置が微妙に違います。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D600●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2013-10-08 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アオサハギ

アオサハギ

ウミシダで見つけたアオサハギの幼魚。
前回のトゲトサカ同様、幼魚にとっては絶好の隠れ家です。
ウミシダの羽枝に隠れてしまうので、なかなか撮りづらい状況ですが
根気よくファインダーで魚を追いながら撮影チャンスを伺います。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 38-1
Nikon D600●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2013-10-04 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アオサハギ

アオサハギ

トゲトサカに身を寄せるアオサハギの幼魚。
ライトを当てるとポリプはひときわ鮮やかなオレンジ色。
撮影意欲を掻き立てられる、大好きなシチュエーションです。
かなり小さな個体だったので、3倍テレコンで撮影しました。
Kashiwajima Gallery 39-7 は別カット。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 39-8
Nikon D800●SIGMA MACRO 70mm×3Telecon●Z-240×2
2013-09-30 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)

アオサハギ

アオサハギ

フトヤギのポリプを背景にしたアオサハギの幼魚。
柏島ではいろんなホストでアオサハギを撮影しますが
美しく開いたポリプは、愛らしい幼魚にピッタリの背景です。
この写真はポリプをぼかして撮影していますが
Kashiwajima Gallery 38-738-8 はポリプにもピントを。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D600●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2013-09-26 | 水中写真 | 魚類(カワハギ,フグ) | Comment(0)
▼NEXT
福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION