>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

クマドリカエルアンコウ

クマドリカエルアンコウ

先月アニラオ(フィリピン)で撮影したクマドリカエウアンコウ。
体長が30cm近くもある大物で、これまで見た中では最大級。
使用したレンズは Laowa 15mm f/4 Wide Angle Macro。
マニュアルフォーカス専用、手動絞りという制約はありますが
超広角なのに等倍(1:1)マクロ撮影ができる面白レンズです。
Philippines Gallery 53-1 は別カット。

「海中写真館」 Philippines Gallery 53-2
Nikon D810●LAOWA 15mm●Z-240×2
2017-06-22 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(2)

イロカエルアンコウ

イロカエルアンコウ

今回、アンボンで撮影したフロッグフィッシュの中では最小。
体長6mmのイロカエルアンコウの極小幼魚です。
この可愛い幼魚、見るからにひ弱で天敵も多いと思うのですが
いつも見つかるのはなぜかよく目立つオレンジ色。
少し高い所にとまっていたので背景をグリーンで撮ることができました。

「海中写真館」 Ambon Gallery 30-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-01-25 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(0)

クマドリカエルアンコウ

クマドリカエルアンコウ

体長約5cmのクマドリカエルアンコウ。
前回のアンボンではシロクマ(白色)を撮影しましたが
今回は個体数がやや少ないキクマ(黄色)です。
カイメンとカエルアンコウ、いつもながらベストな組み合わせ。
Ambon Gallery 30-730-8 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-01-21 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(0)

サイケデリックフロッグフィッシュ

アンボンフロッグフィッシュ

2008年にアンボンで発見された新(珍)種のカエルアンコウ。
学名は Histiophryne psychedelica。
その独特の模様からサイケデリックフロッグフィッシュと呼ばれ
世界中のダイバーからアンボンが注目されるきっかけとなりました。
ここ数年、姿を消していたらしいのですが
今回は運よく大小2個体を見ることができました。
Ambon Gallery 29 は全サイケデリックフロッグフィッシュ。

「海中写真館」 未掲載

★「海中写真館」 Ambon Gallery 27~57 をUPしました。
Nikon D810●AF-S Micro NIKKOR 60mm●Z-240×2
2017-01-17 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(2)

クマドリカエルアンコウ

クマドリカエルアンコウ

前回に引き続き、アンボンのフロッグフィッシュ。
カイメンについたウミシダが背景のクマドリカエルアンコウです。
この子はここがお気に入りで、2日前も同じ場所にいました。
Ambon Gallery 6-16-2 は2日前、6-3 は別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 6-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2015-12-20 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(0)

ヘアリーフロッグフィッシュ

ヘアリーフロッグフィッシュ

先月、インドネシアのアンボン(マルク諸島)で撮影した
ヘアリーフロッグフィッシュ(カエルアンコウ)。
2008年のレンベ(スラウェシ島)以来、7年ぶりです。
海は西側が開けた細長い湾で、レンベによく似た閉鎖的な環境。
カエルアンコウやカサゴをはじめ、珍種マクロ生物の宝庫です。
Ambon Gallery 7-8 は横顔。

「海中写真館」 Ambon Gallery 7-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2015-12-16 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(0)

エナガカエルアンコウ

エナガカエルアンコウ

体長12mm程のエナガカエルアンコウの極小幼魚。
ファインダーで見ると全身が産毛のような皮弁で覆われていたので
最初はヘアリーフロッグフィッシュの幼魚?かと思いました。
この写真はライトを嫌がって泳いで(漂って)いるところを撮影。
Bali Gallery 187-8 は黒砂に着底。

「海中写真館」 Bali Gallery 187-7
Nikon D800●SIGMA MACRO 70mm×3Telecon●Z-240×2
2014-05-31 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(0)

イロカエルアンコウ

イロカエルアンコウ

体長7mm程のイロカエルアンコウの極小幼魚。
昨年10月に続き、今回も見つけることができました。
レンズは70mm+3倍テレコンで、撮像範囲を1.2xに設定。
3.6倍相当で、この小さな個体を画面に大きく捉えることができます。
Bali Gallery 187-5 は同じ個体の横顔。
entry-669 は昨年10月に撮影した体長5mm弱の極小幼魚。

「海中写真館」 Bali Gallery 187-6
Nikon D800●SIGMA MACRO 70mm×3Telecon●Z-240×2
2014-05-27 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(0)

クマドリカエルアンコウ

クマドリカエルアンコウ

カイメンにとまっていたクマドリカエルアンコウの幼魚。
体長は15mm程で、私がこれまで見た中では最小の個体です。
白地にオレンジの特徴的な模様(シロクマ)で、単体では目立ちますが
擬態しているのが本来の姿か、同色のカイメンでよく見つかります。
Bali Gallery 165-7 は同じ時に撮影した横位置カット。
以前ご紹介した entry-289 はもう少し成長した幼魚。

「海中写真館」 Bali Gallery 165-8
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2013-12-28 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(0)

イロカエルアンコウ

イロカエルアンコウ

体長は5mm弱、イロカエルアンコウの極小幼魚。
体色がオレンジ色でなかったら、まず見つけることは不可能です。
Nikon D800 で撮影していますが、レンズは105mm+2倍テレコン。
さらにクローズアップレンズを付け、撮像範囲を1.2×に設定しています。
Bali Gallery 165-6 は同じ時に撮影した縦位置カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 165-5
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2013-12-24 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(0)

オオモンカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ

先週、慶良間で撮影したオオモンカエルアンコウ。
バックのソフトコーラルを撮影しようと近づいた時に偶然見つけました。
体長が30cmほどもある大物で、フィッシュアイレンズでワイドマクロ。
地味な色ですがバックが美しいのでカラフルな写真になりました。
以前ご紹介したのは黄色のオオモンカエルアンコウ

「海中写真館」 Kerama Gallery 60-2
NIKONOS RS●R-UW AF Fisheye Nikkor 13mm●Z-240×2
2011-07-14 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(2)

クマドリカエルアンコウ

クマドリカエルアンコウ

カエルアンコウの中でも特に可愛らしいのがこのクマドリカエルアンコウ。
白いカイメンにとまっている時は見つかりにくいのですが
こうして黒砂の上にいると小さくてもよく目立ちます。
カエルアンコウはできれば口を開けた瞬間を狙いたいので
ファイダーを覗いたまましばらく待ってみることがありますが
この時は運良く、この後口を開けてくれました。

「海中写真館」 Bali Gallery 6-5
Nikon F80●AF Micro Nikkor 60mm×2Telecon●Z-220+YS-30
2009-05-14 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(2)

オオモンカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ

フィッシュアイレンズで撮影したオオモンカエルアンコウです。
カエルアンコウの中でもこのオオモンカエルアンコウは大型。
マクロレンズで撮影するにはやや大きすぎますが
カメラを近づけてあまり動じないのでワイドマクロには最適の被写体です。
この時は見晴らしのいいカイメンにとまっていたので青い海をバックに。
Sulawesi Gallery 10-3 は同じ時に撮った縦位置。

「海中写真館」 未掲載
NIKONOS RS●R-UW AF Fisheye Nikkor 13mm●Z-220×2
2009-05-10 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(2)

イロカエルアンコウ

イロカエルアンコウ

スポットライトアダプターを使用して撮影したイロカエルアンコウ。
英名は Painted Flogfish で、環境に合わせて様々な色柄に変異します。
人気の被写体ですが、どうしても同じような撮り方になってしまうので
横顔のアップにスポットライトを当て、ちょっと凄味を出してみました。
普通のライティングで撮影したのが Sulawesi Gallery 13-4
ワイドで撮影したのが Sulawesi Gallery 12-8

「海中写真館」 Sulawesi Gallery 13-5
Nikon F80●AF Micro Nikkor 105mm●Z-220
2008-10-23 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(8)

ヘアリーフロッグフィッシュ

ヘアリーフロッグフィッシュ

今回のレンベで撮影したヘアリーフロッグフィッシュです。
フロッグフィッシュという名前の通り、これでもカエルアンコウの仲間。
レンベでは欧米人からもリクエストが多い超人気者です。
この写真はスポットライトアダプターを使用して撮影しましたが
透明度が悪く、背景が汚いレンベの海ではなかなか効果的でした。
以前ご紹介したのは昨年撮影したワイドマクロ

「海中写真館」 Sulawesi Gallery 13-6
Nikon F80●AF Micro Nikkor 105mm●Z-220+YS-30
2008-09-26 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(6)

ヘアリーフロッグフィッシュ

ヘアリーフロッグフィッシュ

ワイドで撮影したレンベのヘアリーフロッグフィッシュです。
ワイドは通常、海の青を出すために自然光を適正露出にして撮影するのですが
透明度が悪く、砂が黒く、しかも周りがあまり美しくなかったので
自然光を抑えてアンダー気味で撮りました。
この魚、普通に明るく撮るよりも暗い方が凄みが出るような気がします。
以前ご紹介したのはマクロのヘアリーフロッグフィッシュ

「海中写真館」 Sulawesi Gallery 4-1
NIKONOS RS●R-UW AF Fisheye Nikkor 13mm×2Telecon●Z-220×2
2008-01-10 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(10)

イロカエルアンコウ

イロカエルアンコウ

メリークリスマス!
別にこの日を意識して撮影したわけではありませんが
赤にグリーン、クリスマスカラーのイロカエルアンコウが撮れました。
いつも不思議に思うのが、カエルアンコウの色彩変異。
カイメンや海草などにすっかりとけ込んだ保護色の個体もいれば
この写真のようにやたらと目立つ色鮮やかな個体もいたり…
いったい目立ちたいのか?目立ちたくないのか?よくわかりません。

「海中写真館」 Philippines Gallery 8-4
Nikon F80●SIGMA MACRO 150mm●Z-220+YS-30
2007-12-21 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(4)

ヘアリーフロッグフィッシュ

ヘアリーフロッグフィッシュ

今回、レンベで初めて撮影した変わり種。
和名はありませんが、カエルアンコウの仲間です。
もしつけるとしたらそのまんま、ケブカカエルアンコウといったところ。
まわりに何もない黒砂にいて、海藻に化けているつもりでしょうか?
一見強面ですが、見れば見るほど実に可愛い魚です。

「海中写真館」 未掲載
Nikon F80●AF Micro Nikkor 105mm●Z-220+YS-30
2007-03-24 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(6)
福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION