>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

ニジギンポ

ニジギンポ

アンボンでは普通に見られるニジギンポ。
岩の穴だけでなくホヤやカイメン、人工的なパイプや空き瓶など
いろんな場所から顔を覗かせていて、いい被写体になってくれます。
この写真は大きなチャツボボヤに隠れていた個体。
Ambon Gallery 35-7 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-03-10 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

コケギンポ

コケギンポ

水深4m、岩の穴から顔をだしていた小さなコケギンポ。
置きピンにして右手でカメラを構え、左手で岩を掴んで
コケギンポが口を開けてくれるのをひたすら待ちました。
この日は台風のウネリが入っていて
浅い水深で体を固定するのが大変でした。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 66-3
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm●S-2000×2
2016-12-21 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

イシガキカエルウオ

イシガキカエルウオ

見晴らしのいいサンゴの上にのったイシガキカエルウオ。
青い海を背景に、沖縄のマクロ写真の定番です。
海を明るく撮るにはできるだけローアングルから。
そして自然光を十分に入れて露出はオーバー気味に。

「海中写真館」 Kerama Gallery 94-2
Nikon D610●TAMRON 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2016-09-09 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

イシガキカエルウオ

イシガキカエルウオ

体長1cm程のイシガキカエルウオの極小幼魚。
体は透明で、すっかり周囲にとけ込んでいます。
イバラカンザシの陰に隠れて、魚とわかるのはほとんど眼だけ。
これまで撮影したイシガキカエルウオの最小記録です。
Yakushima Gallery 4-6 は同じサンゴにいた少し大きな幼魚。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 4-7
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2015-03-05 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

ロウソクギンポ

ロウソクギンポ

前回と同じ、屋久島のタイドプール(潮溜まり)での撮影。
水中から見た水面の反射を利用した鏡面写真です。
撮影は干潮時ですが、特に鏡面写真は限られた時間のみ可能。
この日は最初は良かったのですが、そのうち波が高くなり
潮が流れ込んで撮影ができなくなりました。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 4-2
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●Natural light
2015-03-01 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

ロウソクギンポ

ロウソクギンポ

屋久島のタイドプール(潮溜まり)で撮影したロウソクギンポ。
ちょうど求愛のシーズンで、忙しそうに巣穴から出たり入ったり。
愛嬌のある顔と仕草は、ずっと観察していても飽きません。
水深は10cm程でしたが、ストロボを使用。
Yakushima Gallery 4-3 は同じ個体の横顔です。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 4-4
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2015-02-25 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

コケギンポ

コケギンポ

エントリー&エグジットポイントの浅場にいたコケギンポ。
安全停止中の時間潰しに、ちょうどいい被写体になってくれました。
カメラを向けてもあまり引っ込まない人慣れ?した個体。
思いっきり近づいて真正面顔を撮りました。
Izu Gallery 6-7 は同じ個体を斜め上から。

「海中写真館」 Izu Gallery 6-6
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2014-09-17 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

タテジマヘビギンポ

タテジマヘビギンポ

沖縄の海ならどこにでもいるタテジマヘビギンポ。
あまりにも多過ぎて、かえって撮影することが少ないのですが
この時は白化した小さなサンゴにとまっていました。
警戒心があまりないのでカメラを近づけることができますし
たとえ逃げてもまたすぐ元の場所に戻ってきてくれます。

「海中写真館」 Kerama Gallery 80-1
Nikon D600●TAMRON 90mm MACRO×2Telecon●S-2000×2
2014-07-23 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

テールスポットブレニー

テールスポットブレニー

独特の体色が美しいテールスポットブレニー。
光沢がある美しい岩?の穴から可愛い顔を覗かせていました。
ギンポ(カエルウオ)の仲間で、ラジャアンパットでは普通種。
沖縄のイシガキカエルウオのようにサンゴやその周辺でよく見かけます。
尾鰭のスポットがわかる全身の写真は Raja Ampat Gallery 10-5

「海中写真館」 Raja Ampat Gallery 10-6
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2014-04-17 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

トウシマコケギンポ

トウシマコケギンポ

安全停止中に浅場で撮影したトウシマコケギンポ。
台風のうねりの中、岩にしがみついて置きピンで撮影しました。
小指ほどの大きさで、穴から顔を出している姿はとても可愛いのですが
口を大きく開け、背鰭も全開にして精一杯威嚇しています。
眼上と頭頂部に短い皮弁があることからトウシマコケギンポとしました。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 33-1
Nikon D700●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2012-09-27 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

タテジマヘビギンポ

タテジマヘビギンポ

南の海ならとこででもよく見られるタテジマヘビギンポ。
慶良間では真っ赤なイソバナがいい背景になってくれます。
個体数が多く、カメラをかなり近づけても逃げないので撮影は簡単。
この警戒心の無さで大繁栄しているのが不思議です。

「海中写真館」 Kerama Gallery 67-3
Nikon D700●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000
2012-08-29 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

ヒメギンポ

ヒメギンポ

何かいないかな?と壁面を探していた時、目にとまったヒメギンポ。
ヘビギンポの仲間は周囲にとけ込んでしまう地味なイメージがありますが
このヒメギンポ(雌)はよく見るとなかなか美しい体色をしています。
同系色のオレンジ色をバックに、背鰭を強調して撮りました。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 24-7
Nikon D700●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2011-11-03 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

コケギンポ

コケギンポ

前回に引き続き、柏島で撮影したコケギンポ
手前にイバラカンザシがあったので、真上から撮りました。
周りをキョキョロと伺う大きな眼、そして大きな口と丸い顔。
上から見ると、どことなくジューフィッシュに似ています。
Kashiwajima Gallery 25-8 は同じアングルから撮影した別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D700●AF Micro Nikkor 60mm×3Telecon●S-2000×2
2011-10-16 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

コケギンポ

コケギンポ

今年の夏、柏島で多く見られたコケギンポ。
沖縄や海外ではほとんど見ることがないので、私には新鮮です。
コケギンポ、アライソコケギンポ、シズミイソコケギンポは似ていますが
違いを識別する胸鰭が出ていないので、ここではコケギンポとします。
Kashiwajima Gallery 25-6 は顔の向きを変えたカット。
バックのイバラカンザシがアクセントになってくれました。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D700●AF Micro Nikkor 60mm×3Telecon●S-2000×2
2011-10-12 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

テンクロスジギンポ

テンクロスジギンポ

サンゴに空いた穴から顔を覗かせるテンクロスジギンポ。
周りの様子を覗いながら、顔を出したり引っ込めたり・・・
泳いでいる時よりも、周りの状況を生かした表情のある写真が撮れます。
上方にイバラカンザシが開いていたので、それを絡めて撮りました。
Kashiwajima Gallery 19-3 はもう少しアップで。
以前ご紹介したのはこれとよく似たミナミギンポ

「海中写真館」 未掲載
Nikon D700●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●Z-240+S-2000
2010-09-21 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

タテジマヘビギンポ

タテジマヘビギンポ

沖縄など、珊瑚礁域ではごく普通種のタテジマヘビギンポ。
水深10m前後の比較的明るい場所でよく見られ
Kerama Gallery 54-6 のように明瞭な白色の縦縞があるのが特徴です。
この写真のタテジマヘビギンポは水深22mの岩陰で撮影しましたが
そのためか体色が地味で、縦縞が緑色っぽく不明瞭。
うっすらと白っぽい横縞模様もありました。

「海中写真館」 Kerama Gallery 54-7
Nikon D700●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●Z-240+S-2000
2010-07-28 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

ヒトスジギンポ

ヒトスジギンポ

イシガキカエルウオに引き続き、沖縄ではおなじみのヒトスジギンポ。
ヒトスジギンポは危険を感じると穴に隠れる習性がありますので
どうしても穴から顔を覗かせている写真が多くなります。
普通は Motobu Gallery 2-3 のような地味なバックになるのですが
この時はイソバナがあったので、派手なバックになりました。
Kerama Gallery 15-6 は3倍テレコンでさらにアップ。

「海中写真館」 未掲載
Nikon F80●AF Micro Nikkor 105mm●Z-220+YS-30
2010-05-01 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

イシガキカエルウオ

イシガキカエルウオ

沖縄ではおなじみのイシガキカエルウオ。
珊瑚礁の浅場でよく見られるイソギンポの仲間です。
もちろん天敵はいるとは思いますが
他のギンポのように穴に隠れることもなく
見晴らしのいい場所にとまって周りをキョロキョロと見ています。
以前ご紹介したのは、口を開けたイシガキカエルウオのアップ

「海中写真館」 Kerama Gallery 30-3
Nikon F80●SIGMA MACRO 150mm●Z-220+YS-30
2010-04-26 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

タテジマヘビギンポ

タテジマヘビギンポ

シャコガイの縁にとまっていたタテジマヘビギンポ。
前景にシャコガイの外套膜を入れて、ローアングルで撮りました。
タテジマヘビギンポは個体数が多く、ついつい見過ごしてしまいがちですが
時にはいい場所にとまっていて絶好の被写体になってくれることがあります。
以前ご紹介したのはイソバナにとまっていたタテジマヘビギンポ

「海中写真館」 Kerama Gallery 49-4
Nikon F80●SIGMA MACRO 150mm●Z-220+YS-30
2009-07-26 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

タテジマヘビギンポ

タテジマヘビギンポ

沖縄など、珊瑚礁域ではごく普通に見られるタテジマヘビギンポ。
個体数が多く、近寄っても逃げず、逃げてもすぐに元の場所に戻ってくる…。
マクロ撮影がしやすい魚ナンバーワンと言えるほどポピュラーです。
ただ、あまりにもよく見るのでついついパスしてしまいます。
この写真のタテジマヘビギンポがとまっているのは真っ赤なイソバナです。
かなり近寄れるので Kerama Gallery 8-2 のように正面アップも可。

「海中写真館」 Kerama Gallery 24-8
Nikon F80●SIGMA MACRO 150mm●Z-220+YS-30
2009-03-21 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(2)
▼NEXT
福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION