>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

ウミシダ

ウミシダ

自然光で撮影したウミシダのシルエット。
太陽光のハイライトで、水晶玉のような球体感が出せました。
Bali Gallery 258-8 はストロボ光で色を出して撮影。
好みは分かれるとは思いますが、私はブルートーンに惹かれます。

「海中写真館」 Bali Gallery 258-7
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm
2017-10-08 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(2)

スリバチカイメン

スリバチカイメン

7月にトランバン(バリ島)で撮影した沈船のスリバチカイメン。
円周魚眼を水中で初めて使用した時の写真です。
このレンズを通して見るとこれまでとは違う異次元の水中景観が。
強烈なレンズの個性に圧倒され、自分が撮らされているという感覚です。
Bali Gallery 257-4 は通常の対角魚眼。

「海中写真館」 Bali Gallery 257-5

Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-240×2
2017-10-04 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

サンゴ

サンゴ

引き続き柏島の見事なテーブルサンゴ。
前回のように真上から撮るのも面白いのですが
背景に地形を入れて手前のサンゴを強調するのも効果的です。
今回の柏島は透明度も良く、ワイド撮影にはベストでした。
Kashiwajima Gallery 74 は柏島の円周魚眼水中風景。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 74-5
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-240×2
2017-09-22 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

サンゴ

サンゴ

Nikon の最新レンズ、AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm。
8mmの円周魚眼と15mmの対角線魚眼が可能なズームレンズです。
やや大きいレンズですが、従来のドームポートで使用可能。
10~20mmのポートエクステンションを装着するのがおすすめです。
ただしズームギアは現在発売されていない(アンティス)ので工夫が必要。
私は手持ちの105mmマクロ用のフォーカスギアを流用しました。
それにしても柏島のテーブルサンゴ、元気です。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 74-4
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-240×2
2017-09-18 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

パッセージ

パッセージ

引き続きラジャアンパットの THE PASSAGE。
水路の中央部は流れが強烈で水中景観は殺風景ですが
両岸の浅瀬には比較的流れが穏やかな場所があって
ヤギ類やトサカ類など、色とりどりのソフトコーラルが見られます。
マングローブが背景のソフトコーラルはPASSAGEならでは。

「海中写真館」 Raja Ampat Gallery 17-5
ikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-07-03 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

パッセージ

パッセージ

ラジャアンパットの人気ポイント THE PASSAGE。
マングローブに覆われた大小の島々が点在する海域で
WAIGEO島とGAM島の間の狭い水路を潜ります。
水中から上を見上げると、水面越しにマングローブが見え
木々の隙間から射し込む光がとても幻想的。

「海中写真館」 Raja Ampat Gallery 17-1
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-06-29 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

半水面

半水面

引き続きラジャアンパットで撮影した半水面写真。
午前中のダイビングで潜ったMANSUAR島です。
この日もべた凪でしたが日射しが弱くて海の中はやや暗め。
島の人の生活圏なのであまり綺麗なサンゴはありませんでしたが
写り込みを生かして陸上、水面、水中の三層写真が撮れました。
Raja Ampat Gallery 16-416-5 は別カット。

「海中写真館」 Raja Ampat Gallery 16-6
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm
2016-06-24 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

半水面

半水面

先月、ラジャアンパットで撮影した半水面写真。
午前中のダイビングで水面休息をしたARBOREK島です。
この日は快晴べた凪で、半水面には絶好のコンディション。
元気なサンゴを見つけて桟橋と島を背景に撮りました。
Raja Ampat Gallery 16-216-3 は別カット。

「海中写真館」 Raja Ampat Gallery 16-1
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm
2016-06-20 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

サンゴ

サンゴ

今回のモルディブで気になったのはオニヒトデ。
アンガガ周辺をはじめ、広範囲でサンゴの被害が見られます。
この写真は周囲が垂直に切り立った小さな根。
ここはサンゴが元気で、真上から撮ると周りが美しい青色に。
Maldives Gallery 21-6 は別カット、21-8 は隣の根。

「海中写真館」 Maldives Gallery 21-7
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-05-26 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

沈船

沈船

アリ環礁南部のマチャフシ(センターラ)沖の沈船です。
この船は1999年に沈められた日本の貨物船。
まだ原形を留めているので全景を自然光で撮りました。
このポイントは今回2度潜りましたが、魚影が濃くて最高。
Maldives Gallery 17-517-717-8 はそれぞれ別の方向から。

「海中写真館」 Maldives Gallery 17-6
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm
2016-05-10 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

半水面

半水面

前回の半水面写真は島が背景でしたが、今回は逆方向。
海側に延びた桟橋と水上コテージが背景です。
私の周りで魚は常に移動するので、構図の決定は群れ次第。
足が地に着いてカメラがしっかりと構えられるぎりぎりの水深で撮影。
Maldives Gallery 12-712-8 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm
2016-04-20 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

半水面

半水面

前回ご紹介したイワシの群れの半水面写真です。
この日は快晴、べた凪で、半水面撮影には絶好のコンディション。
変幻自在にカタチを変化させるイワシの群れを追って
背中が焦げるのも忘れて夢中でシャッターを切りました。
Maldives Gallery 12-512-6 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm
2016-04-16 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

キャベッジコーラル

キャベッジコーラル

マラトゥア島の浅瀬はサンゴが元気。
中でも圧巻なのが一面に広がる巨大なキャベッジコーラル。
サンゴ同士の縄張り争いに打ち勝って、見事な景観を創っています。
Kalimantan Gallery 5 はマラトゥア島周辺の浅瀬のサンゴ。

「海中写真館」 未掲載

Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2015-11-14 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

沈船

沈船

トランバンを代表する沈船ポイント。
船体は崩れ、ソフトコーラルやカイメンなどで覆われています。
背景の深いブルーと近景とのコントラストを強調するために
自然光はアンダーに、ストロボ光はやや強めに。
Bali Gallery 212 は同じ日に撮影した沈船の水中ワイド。

「海中写真館」 Bali Gallery 212-8
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2015-09-03 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

ドロップオフ

ドロップオフ

トランバンでいつも滞在しているミンピリゾート。
リゾート前からビーチ沿いに100m弱の距離にあるドロップオフです。
ここは地形が切り立って流れが強く、毎年様子が変化しますが
今年はソフトコーラルが多く見られ、水中景観はカラフルでした。
Bali Gallery 211 は同じ日に撮影したドロップオフの水中ワイド。

「海中写真館」 Bali Gallery 211-4
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2015-08-30 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

ウミシダ

ウミシダ

小さなイソバナについていた大きなウミシダ。
最初は通常通りストロボ光で撮影してみましたが
イソバナの赤色がきつくなり、派手な色調になってしまうので
ストロボを使わず、自然光だけで撮影しました。
逆光気味の太陽光でブルートーンのシルエットを強調。

「海中写真館」 Kerama Gallery 83-8
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm
2015-07-25 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

エナガトゲトサカ

エナガトゲトサカ

富戸のボートダイビングで見られた巨大なトゲトサカの群生。
中でも人の背丈ほどもあるこのエナガトゲトサカは
暖かい南の海ではほとんど見ることがありません。
この日は透明度がイマイチで、海の色はグリーンですが
伊豆らしい?水中ワイドが撮れました。

「海中写真館」 Izu Gallery 5-3
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2014-09-05 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

沈船

沈船

トランバンの人気ポイント、沈船(リバティ号)。
写真は船首付近にあるスリバチカイメンとソフトコーラルです。
この組み合わせ、周囲の地形とマッチしていい被写体になってくれますが
ダイバーが多く、浸食も激しいのでなかなか大きく育ってくれません。
10年前、同じ場所で撮影した entry-68 は破壊され、現在はありません。

「海中写真館」 Bali Gallery 184-2
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2014-05-19 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(2)

半水面

半水面

引き続きトランバンの半水面写真。
前回の写真とは反対側(東側)にカメラを向けて撮影しています。
半水面写真はモルディブのような白砂のビーチが一般的ですが
トランバンのビーチはご覧のように黒いゴロタと黒い砂。
自然光では上半分の陸上に比べ、下半分の海中が極端に暗くなるので
ストロボをフル発光にしてギンガメアジに当てています。

「海中写真館」 Bali Gallery 184-8
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2014-05-07 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(2)

半水面

半水面

先月、トランバン(バリ島)で撮影した半水面写真。
沈船からギンガメアジが姿を消して数年が経ちますが
今回は私が滞在しているリゾートのビーチ前で
小振りのギンガメアジが群れていました。
この日は海が穏やかで風も無く、海面はべた凪。
半水面写真の撮影にはベストな状況でした。

「海中写真館」 Bali Gallery 184-5
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2014-05-03 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)
▼NEXT
福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION