>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

テルメアジ

テルメアジ

先月、トランバン(バリ島)で撮影したテルメアジ。
例年よりも魚の数が増えていて、いい感じのまとまりでした。
いつもは太陽光が斜めから射し込む早朝に撮影するのですが
今回は海が明るく、青くなったお昼前に撮影。
左上から群れを追っているのはカスミアジ。
Bali Gallery 232 は今回のテルメアジ。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-09-28 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(0)

ホシカイワリ

ホシカイワリ

沈船に突然現れたホシカイワリの群れ。
近距離で魚が光り過ぎないように
そして背景の沈船のシルエットを生かしたかったので
ストロボを発光させずに自然光で撮りました。
Maldives Gallery 19-1 は2秒前、19-3 は2秒後。
19-419-519-6 はその後ストロボを発光させて撮影。

「海中写真館」 Maldives Gallery 19-2
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm
2016-05-18 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(0)

テルメアジ

テルメアジ

トランバン(バリ島)のビーチの定番、テルメアジです。
群れはコンパクトでまとまりがよく、近寄れるのでワイドには絶好。
この時はロウニンアジに追われていたので
緊迫感のある写真が撮れました。
Bali Gallery 210 は同じ時に撮影したテルメアジ。

「海中写真館」 Bali Gallery 210-8
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2015-08-26 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(0)

メアジ

メアジ

先月、マクタン(セブ島)で撮影したメアジの大群。
あいにく天気が悪く、透明度もイマイチ、海の中は暗かったのですが
ドロップオフの壁を覆い尽くす魚の数には圧倒されました。
水面のシルエットはフィリピン伝統のバンカーボート。
Philippines Gallery 42-142-242-4 は別カット。

「海中写真館」 Philippines Gallery 42-3
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2014-11-09 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(0)

テルメアジ

テルメアジ

前回の撮影場所から約50m離れたビーチ前のテルメアジ。
こちらにもロウニンアジが接近し、群れの平穏を脅かしていました。
ギンガメアジと比べるとテルメアジはサイズが小さく、数も少なめ。
ロウニンアジが近づくと一斉に反応し、群れのカタチが変化します。
動きが速いのでシャッターチャンスは限られますが
同調性が美しい緊張感のある写真が撮れました。

「海中写真館」 Bali Gallery 184-2
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2014-05-15 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(2)

ロウニンアジ

ロウニンアジ

ギンガメアジの周りをウロウロしているロウニンアジ。
前回、前々回の半水面写真と同じビーチ前での撮影です。
獲物としては少々大きすぎるのか、見ていてもアタックする様子は無く
ギンガメアジの方も危機感が無い様子で、落ち着いて群れていました。
魚群を見ると接近するのはハンターとしての習性かも知れません。

「海中写真館」 Bali Gallery 185-2
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2014-05-11 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(0)

ギンガメアジ

ギンガメアジ

危険を感じて猛スピードで移動するギンガメアジ。
近くには大きなロウニンアジが機をうかがっていて
群れが一斉に方向転換すると水中でバサッと音がします。
ギンガメアジを撮影する場合、トルネードもいいですが
このようなシーンもなかなか緊張感があっていいものです。
Borneo Gallery 9-19-2 は別の日に撮影した追われるギンガメアジ。

「海中写真館」 Borneo Gallery 10-1
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2014-01-15 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(0)

ギンガメアジ

ギンガメアジ

シパダンで見られるもう一つの魚群の定番、ギンガメアジ。
主要ポイントでは毎回、巨大な群れに遭遇することができました。
群れ全体がまるで大きな生き物のようにカタチを変化させますが
魚の流れを見ながら美しい瞬間を見極めシャッターを切ります。
Borneo Gallery 10-7 は同じ時に撮影したギンガメボール。

「海中写真館」 Borneo Gallery 10-8
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2014-01-11 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(0)

テルメアジ

テルメアジ

先月、トランバン(バリ島)で撮影したテルメアジ。
去年に続き、今年も沈船のギンガメアジが不在だったため
代わりにドロップオフ側の浅場で群れているテルメアジを撮りました。
刻一刻と変化する魚群を追いながら撮影のタイミングを待ちますが
この写真は群れが危険を感じて一斉に移動した瞬間。
Bali Gallery 161-1161-2161-4 は別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 161-3
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2013-11-05 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(0)

テルメアジ

テルメアジ

先週、トランバンで撮影した Nikon D800 の水中ワイド。
今回は沈船のギンガメアジが残念ながら姿を消してしまったため
代わりにドロップオフの浅場で群れているテルメアジを撮りました。
D800 は水中ワイドには理想的な高解像度&広ダイナミックレンジ。
太陽光周りの白トビやトーンジャンプもほとんど気になりません。
以前ご紹介したのは同じ場所でフィルムで撮影したテルメアジ

「海中写真館」 未掲載
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2012-11-24 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(10)

メアジ

メアジ

マクタンのドロップオフで撮影したアジ玉です。
いつもはマクロが主になるマクタンですが、今回はワイドも。
もの凄い数の魚が一塊になって上下左右に移動する様は実に優美。
下から煽るとバンカーボートのシルエットがアクセントになりました。
Philippines Gallery 34-134-334-4 は別カット。

「海中写真館」 Philippines Gallery 34-2
NIKONOS RS●R-UW AF Fisheye Nikkor 13mm●Z-240×2
2012-03-26 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(0)

ギンガメアジ

ギンガメアジ

トランバンの沈船で撮影したギンガメアジ。
今回も絶好調で、刻々と変化するトルネードは圧巻です。
撮影中もっとも気になるのは群れのカタチと太陽の位置。
ベストなアングルと瞬間を求めて、自らもひたすら泳ぎ続けます。
今回のギンガメアジは Bali Gallery 105Bali Gallery 106
これまでご紹介したトランバンのギンガメアジは entry-397367195

「海中写真館」 Bali Gallery 105-4
Nikon F80●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2011-06-19 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(2)

ギンガメアジ

ギンガメアジ

今回、トランバンの沈船で撮影した早朝のギンガメアジ。
この写真は群れのほぼ真下から撮影していますが
自分の吐いたエアーが写り込まないよう、長めに息ごらえをしています。
ファインダーに集中していると息を止めたまま浮上していることがあるので
ややリスクをともなう撮影と言えるかも知れません。
以前ご紹介したトランバンのギンガメアジは2010年5月2000年6月

「海中写真館」 Bali Gallery 90-6
Nikon F80●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-220×2
2010-10-06 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(7)

ギンガメアジ

ギンガメアジ

久しぶりに撮影したトランバン沈船のギンガメアジです。
沈船はトランバンを代表する人気ポイントで、昼間はダイバーがいっぱい。
人が多いとワイドが撮りづらいので、早朝ダイブで撮影しました。
ご覧の通り圧倒される数の魚で、撮影は太陽光に強いフィルムカメラです。
以前ご紹介したのは2000年に撮影した10年前のギンガメアジ

「海中写真館」 Bali Gallery 74-7
Nikon F80●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-220×2
2010-06-01 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(8)

ギンガメアジ

ギンガメアジ

私がはじめてトランバン(バリ島)で潜ったのは2000年6月。
その頃はまだワイドが主体で、このギンガメアジを撮るのが目的でした。
ビーチエントリーで潜る沈船ではエントリー直後に見られることもあり
大きな群れになると2重3重のトルネードになることも。
Bali Gallery 1 はその時に撮ったギンガメアジのオンパレ。
その後数が減ったり移動したりしたこともありましたが、今なお健在です。

「海中写真館」 Bali Gallery 1-3
Nikon F90X●SIGMA 15mm Fisheye●SB-105×2
2008-05-14 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(8)

テルメアジ

テルメアジ

トランバン(バリ島)のビーチの前でいつも群れているテルメアジです。
体長20cm程の小型のアジで、体の側面に黄色の帯があるのが特徴。
その動きは実に整然としていて群のまとまりが美しく
いつも近くにいるギンガメアジよりも断然撮る気にさせてくれます。
Bali Gallery 22-3
は同じ時に撮った別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 22-4
Nikon F100●SIGMA 15mm Fisheye●Z-220×2
2007-10-07 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(8)

ロウニンアジ

ロウニンアジ

宮古島(下地島)のドロップオフで見られるロウニンアジ。
この島の変化に富んだ地形はロウニンアジの絶好の棲家となっています。
他のアジは群れることが多いのですが、このアジは単独行動が一般的。
写真に撮っても大きなロウニンアジなら1匹でも十分に迫力があります。
ドロップオフのダイナミックな景観にピッタリの魚です。

「海中写真館」 Miyako Gallery 18-2
Nikon F100●SIGMA 15mm Fisheye●Z-220×2
2007-07-20 | 水中写真 | 魚類(アジ) | Comment(4)
福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION