>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

ワンダーパス

ワンダーパス

アンボンの優秀なガイドが見つけたワンダーパス。
ミミックオクトパスとよく似た、ダイバーに大人気のタコです。
最初は普通に地面を背景に撮影していましたが
そのうちガイドが中層を泳がせはじめました。
多少作為的な写真ですが、黒抜きのワンダーパスは美しい。
Ambon Gallery 78-178-3 は別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 78-2
Nikon D810●AF-S Micro NIKKOR 60mm●Z-240×2

Tags: ワンダーパス 

 
2018-03-23 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

アオリイカ

アオリイカ

ナイトダイビングの楽しみの一つ、美しく輝くアオリイカの子供。
日中は水面付近を群れで泳いでいて近づくことは困難ですが
夜間は光を当てても嫌がらず、かなり近寄って撮影できます。
アンボンの必須アイテム、60mmマクロが役立ちました。
Ambon Gallery 77-577-677-7 は別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 77-8
Nikon D810●AF-S Micro NIKKOR 60mm●Z-240×2

Tags: アオリイカ 

 
2018-03-19 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

ミナミハナイカ

ミナミハナイカ

ナイトダイビングで撮影したミナミハナイカ。
普通は地面すれすれの低い位置を移動しますが
この時は珍しく地面から離れて中層を泳いでいました。
ということで、ミナミハナイカとしては珍しい黒抜きの写真です。
Ambon Gallery 77-377-4 は別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 77-2
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

Tags: ミナミハナイカ 

 
2018-03-15 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

ミナミハナイカ

ミナミハナイカ

体長5cm程の小さなミナミハナイカ。
美しくて可愛くて、ついつい撮影に夢中になります。
Philippines Gallery 64-164-264-364-4 は別カット。
以前ご紹介した entry-975 は体長12mmの極小記録。
写真で見ると大きさの違いがよくわかりません。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D800●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2

Tags: ミナミハナイカ 

 
2017-07-28 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

ブルーリングオクトパス(ヒョウモンダコ)



ナイトダイビングで撮影したブルーリングオクトパス(ヒョウモンダコ)。
日中は岩陰などに隠れていることが多く、夜間によく見つかります。
この個体はウミシダにとまるのが好きなようで
撮影中は周囲にたくさんあったウミシダを転々と移動
おかげで美しい背景で撮影することができました。
Ambon Gallery 21 はすべて同じ個体。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

Tags: ブルーリングオクトパス(ヒョウモンダコ) 

 
2017-05-13 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

ミナミハナイカ



前回のコブシメと同類、コウイカの仲間のミナミハナイカです。
この個体はとにかく小さく(体長約12mm)、これまでの最小記録。
水中で見た時はあまりの可愛さに興奮気味でしたが
写真に撮ってしまうとこの小ささがあまりわかりません。
Ambon Gallery 20-8 は上からの別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 20-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

Tags: ミナミハナイカ 

 
2017-05-09 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

コブシメ



体長10cm程の小さなコブシメ。
擬態に自信があるのか、カメラを近づけても逃げる様子はなく
ソフトコーラルをバックにじっとポーズをとってくれました。
脚を上げるのは威嚇のポーズですが、これがヤカンに見えることから
英名ではCuttlefish(ケトルフィッシュ)と呼ばれています。
Ambon Gallery 20-120-220-320-4 は別カット。

「海中写真館」 未掲載

Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

Tags: コブシメ 

 
2017-05-05 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

コブシメ

コブシメ

近づいても全く逃げる気配がなかったコブシメ。
ドームポートに接触しそうな至近距離から撮影できました。
背景や警戒レベルによって体色を様々に変化させるので
1匹のコブシメでいろいろなバリエーションが。
Raja Ampat Gallery 28 はすべて同じ個体です。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2

Tags: コブシメ 

 
2016-08-04 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

ブルーリングオクトパス(ヒョウモンダコ)

ブルーリングオクトパス(ヒョウモンダコ)

僅か3cm程の極小のブルーリングオクトパス(ヒョウモンダコ)。
マラトゥアのハウスリーフのナイトダイビングで見つけました。
このタコのブルーリングは警戒色で、この時は終始鮮やかに発色。
欧米人ダイバーにも人気で、猛毒を持つことでも知られています。
Kalimantan Gallery 12-512-612-712-8 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

Tags: ブルーリングオクトパス(ヒョウモンダコ) 

 
2015-11-22 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

アオリイカ

アオリイカ

ナイトダイビングで見つけた体長15cm程のアオリイカ。
光を当てても逃げることなく、トゲトサカに寄り添ってくれました。
レンズが150mmだったのやや離れた距離から撮影。
ぎりぎり画面内に全身を収めることができました。
Bali Gallery 228-1228-2228-3 は別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 228-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 150mm●S-2000×2

Tags: アオリイカ 

 
2015-07-13 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

アオリイカ

アオリイカ

今回はアオリイカの交接シーン。
雄(下)は雌(上)の腹側から近づき
抱き付くと同時に交接腕で精子が入ったカプセルを雌に渡します。
一回の交接はほんの数秒のうちに終わるので
決定的な瞬間が撮影できたのはこの1枚だけでした。

「海中写真館」 Izu Gallery 4-7
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2

Tags: アオリイカ 

 
2014-08-28 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

アオリイカ

アオリイカ

前回に続きアオリイカの産卵シーン。
雌(下)の産卵を促すかのように雄(上)が寄り添い
自らの遺伝子が確実に受け継がれるのをサポートします。
普段なら決して近寄れないアオリイカですが
この時ばかりは産卵に夢中で、超近接撮影が可能です。

「海中写真館」 Izu Gallery 2-7
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2

Tags: アオリイカ 

 
2014-08-24 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

アオリイカ

アオリイカ

先月末、富戸(東伊豆)で撮影してきました。
季節限定のアオリイカの交接&産卵シーンです。
海中に沈められた産卵床に多い時には数十匹のイカが集まり
次世代に命をつなぐためのバトルが繰り広げられます。
因みに今回の富戸は私が経験したダイビングの北限。

「海中写真館」 Izu Gallery 2-2
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2

Tags: アオリイカ 

 
2014-08-20 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

アオリイカ

アオリイカ

マブールのナイトダイビングで撮影したアオリイカの幼体。
黒い海をバックに、虹色に輝く体色がとても綺麗です。
光を当てても逃げる気配はありませんが
目標が無い真っ暗な水中を泳いでいるので
ファインダーで捉え続けるのがなかなか困難です。
以前ご紹介した entry-235 はレンベのナイトダイビングで撮影。

「海中写真館」 Borneo Gallery 18-5
Nikon D600●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

Tags: アオリイカ 

 
2014-03-04 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

ヒレギレイカ

ヒレギレイカ

ナイトダイビングで見つけた体長2cm程の小さなイカ。
調べてみると外洋性のヒレギレイカの幼体ではないかと思われます。
潮流に流されまいとトゲトサカに寄り添いながら泳いでいましたが
この写真をよく見ると小さなエビを捕食しています。→拡大画像
Bali Gallery 158-7158-8 は別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 158-6
Nikon D700●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2

Tags: ヒレギレイカ 

 
2013-05-17 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

コブシメ

コブシメ

トゲトサカをバックにした小さなコブシメ。
コブシメは周囲に合わせて体色や体表を変化させますが
写真のように何かに身を寄せている時は全身に突起を出し
腕と触腕をくねらせ、動かずにじっとしていることがよくあります。
これは擬態しているつもりか?それとも威嚇のポーズか?
いずれにしても写真が撮りやすい状態なので大歓迎です。
Bali Gallery 158-4 は泳いで逃げているところ。

「海中写真館」 Bali Gallery 158-1
Nikon D700●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2

Tags: コブシメ 

 
2013-05-13 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

ヒメイカ

ヒメイカ

マクタンの藻場で撮影したヒメイカ。
胴長が2cm以下の小さなイカで、体色はベージュが基本。
斑点模様で周りの砂地に同化しているものと思われます。
Philippines Gallery 41-341-4 は同じ個体の別カット。
それぞれ微妙に体の色や模様を変化させています。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D700●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

Tags: ヒメイカ 

 
2012-05-23 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

コブシメ

コブシメ

ナイトダイビングで撮影したコブシメです。
コブシメは日中は白っぽい色をしていることが多いのですが
暗い海に合わせて体色を変化させているのか、随分雰囲気が違います。
ナンヨウキサンゴとウミシダを背景に、木彫風のコブシメが撮れました。

「海中写真館」 Bali Gallery 103-6
Nikon D700●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●Z-240+S-2000

Tags: コブシメ 

 
2011-11-27 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(0)

コブシメ

コブシメ

ウミシダを背景にしたコブシメの子供です。
コブシメは体色や体表を瞬時に変化させ、巧みに周囲にとけ込みますが
その技に自信があるためか、逃げずにじっとしていることがよくあります。
そんな時は近くまで寄れるので、撮影者にとっては好都合。
ウミシダの中心にはまってくれたので、羽根付きのコブシメになりました。
以前ご紹介したのはもっと小さなコブシメの赤ちゃん

「海中写真館」 Bali Gallery 7-1
Nikon F80●AF Micro Nikkor 60mm×2Telecon●Z-220+YS-30

Tags: コブシメ 

 
2009-08-22 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(2)

ミミックオクトパス

ミミックオクトパス

様々な生き物に擬態することで知られるミミックオクトパス。
TV番組でも度々紹介され、すっかり有名なタコになりました。
今回は2個体を見ましたが擬態はしてくれず、終始タコのままでした。
マクロで撮るには大きすぎるので、正面からアップをスポットライトで。
別の個体の全身をワイドで撮影したのが Sulawesi Gallery 12-3 です。
以前ご紹介したのは、このタコとよく似たワンダーパス

「海中写真館」 Sulawesi Gallery 20-8
Nikon F80●AF Micro Nikkor 105mm●Z-220

Tags: ミミックオクトパス 

 
2008-11-01 | 水中写真 | イカ,タコ | Comment(2)
▼NEXT
福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION