>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

チョウチョウコショウダイ

チョウチョウコショウダイ

動きが激しく、撮影が難しいチョウチョウコショウダイの幼魚。
今回のアニラオでは大小2個体を見つけました。
この写真は小さい方の個体(体長1cm弱)で、特に動きが高速。
マニュアルフォーカスで撮影していますが
動体視力と反応速度をテストされているような感覚です。
Philippines Gallery 56 は今回撮影した2個体。
56-1~3は小さい方、56-4~8は大きい方の個体です。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D800●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2
2017-06-26 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

レプトケファルス

レプトケファルス

アンボンのナイトダイビングで撮影したレプトケファルス。
レプトケファルスとはウナギ類の幼生の総称で極めてレア。
透明で平たく細長く、泳ぐ姿は新体操のリボンを連想させます。
この時は見つけてから泳ぎ去るまで僅か数秒。
慌ててシャッターを切り、貴重な1枚を撮ることができました。

「海中写真館」 Ambon Gallery 50-2
Nikon D810●AF-S Micro NIKKOR 60mm●Z-240×2
2017-05-01 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(2)

メガネウオ

メガネウオ

砂に埋もれて獲物を待ちかまえるメガネウオ。
普通にストロボで撮影したのではあまり面白くないので
LEDのスポットライト(INON LF800-N)で撮影しました。
このライトは強力で60mmマクロには最適のスポット光になりますが
光の色が黄色味が強いのでWBの調整が必要です。
Ambon Gallery 35-135-2 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●AF-S Micro NIKKOR 60mm●LED light
2017-03-06 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ヨロイウオ

ヨロイウオ

頭を下にして泳ぐヘコアユとそっくりのヨロイウオ。
小さな群れでトゲトサカの群落を移動していました。
ヘコアユよりも体側の線が赤茶色っぽく、背鰭に関節がないのが特徴。
中望遠マクロにはやや大きすぎる被写体ですが
少し離れた位置から自然光を生かして撮りました。
Ambon Gallery 33-8 は別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 33-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-02-26 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ニセゴイシウツボ

ニセゴイシウツボ

イソバナを背景にした体長2mの巨大なニセゴイシウツボ。
両者が多く見られる慶良間ならではの光景です。
フィッシュアイレンズで至近距離まで近づくのは多少勇気がいりましたが
こんな絶好のシチュエーションは滅多とないので
恐怖を忘れて夢中で撮影しました。
Kerama Gallery 90-590-690-790-8 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-08-12 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

イエローリボンスイートリップス

イエローリボンスイートリップス

今回はイエローリボンスイートリップスの大きな塊です。
前回とは別のポイントで、水深40m付近で団子状態。
群れを乱さないように、息をこらえて慎重に近づきました。
Raja Ampat Gallery 26-7 は縦位置カット。
entry-692 は2年前に同じポイントで撮影。

「海中写真館」 Raja Ampat Gallery 26-8
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-07-31 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

イエローリボンスイートリップス

イエローリボンスイートリップス

ラジャアンパットと言えばこのイエローリボンスイートリップス。
群れの中には同類のアヤコショウダイが数匹混ざっています。
この魚、とにかく密着するのが好きで、いつも押し競饅頭状態。
ダイバーが至近距離まで近づいても逃げる気配はありません。
Raja Ampat Gallery 26-326-426-6 は別カット。

「海中写真館」 Raja Ampat Gallery 26-5
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-07-27 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ユメウメイロ

ユメウメイロ

ウメイロモドキに似ていますが体色が淡いユメウメイロ。
前回のウメイロモドキの写真と比べると、青色の違いが分かります。
ウメイロモドキとユメウメイロに共通して言えることですが
黄色の尾鰭が美しいので後姿も写真映えします。
Raja Ampat Gallery 24-524-624-724-8 はユメウメイロ。

「海中写真館」 Raja Ampat Gallery 24-4
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-07-23 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ウメイロモドキ

ウメイロモドキ

群れに囲まれると海の色が一変するウメイロモドキ。
小さめの個体でしたが、まとまった数が群れていました。
以前ご紹介したイエローバックフュージュラーとよく似ていますが
ウメイロモドキは背中の黄色いラインが頭部に達していません。
Raja Ampat Gallery 24-124-3 は別カット。

「海中写真館」 Raja Ampat Gallery 24-2
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-07-19 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ニセタカサゴ

ニセタカサゴ

ラジャアンパットの魅力の一つが魚影の濃さ。
中でも人気ポイント Melissa’s Garden のニセタカサゴは圧巻。
サンゴが広がる美しい根を覆うように縦横無尽に泳ぎ回ります。
Raja Ampat Gallery 23 はここで撮影したフュージュラー。

「海中写真館」 Raja Ampat Gallery 23-5
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-07-15 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ブラックフィンバラクーダ

ブラックフィンバラクーダ

今回のラジャアンパットで何度か見たブラックフィンバラクーダ。
シパダンやマラトゥアのような巨大な群れは見られませんが
少数でも独特の存在感があって、遭遇すると嬉しくなります。
Raja Ampat Gallery 2122-1~3 は今回のブラックフィンバラクーダ。

「海中写真館」 Raja Ampat Gallery 21-1
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-07-11 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ツムブリ

ツムブリ

前回のホシカイワリとともに沈船に現れたツムブリの群れ。
名前はブリですがブリ属ではなく、ツムブリ属に分類されています。
細身の紡錘形で見た目は精悍、被写体としては美しい魚ですが
食用としては脂ののりが悪く、評価はイマイチのようです。
Maldives Gallery 19-7 は別カット。

「海中写真館」 Maldives Gallery 19-8
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-05-22 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ツバメウオ

ツバメウオ

前回ご紹介した沈船を棲み処にしているツバメウオ。
2日前に潜った時は流れが強く、沈船の底部に避難していましたが
この日はほとんど流れがなく、沈船の上層で優雅に群れていました。
群れがまとまるように周りをゆっくりと回りながら撮影。
Maldives Gallery 18-218-318-418-518-6 は別カット。

「海中写真館」 Maldives Gallery 18-1
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-05-14 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(2)

イエローバックフュージュラー

イエローバックフュージュラー

アンガガのハウスリーフで撮影したイエローバックフュージュラー。
ウメイロモドキによく似た、タカサゴ科の魚です。
比較的小さな個体で、まとまり無くバラバラに泳いでいたので
バディーに協力してもらって、少し緊張感を与えて撮りました。
Maldives Gallery 14 はフュージュラーの写真。

「海中写真館」 Maldives Gallery 14-2
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-05-02 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ヨスジフエダイ

ヨスジフエダイ

モルディブの定番、ヨスジフエダイの群れ。
大きくまとまった群れだったので、撮る気満々で近づいたのですが
この写真を撮影した直後、ハウジング内部のネジが緩んで
残念ながらシャッターが切れなくなってしまいました。
潜る前には必ずカメラの点検を…という、教訓の1枚。

「海中写真館」 Maldives Gallery 13-5
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-04-28 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ノコギリダイ

ノコギリダイ

ハウスリーフの桟橋下で群れていたノコギリダイ。
この日は運搬船が停泊していて、日影が多かったためか
群れは綺麗にまとまってじっとしていました。
そのまとまりを乱さないよう、息をこらえながら慎重に接近。
Maldives Gallery 13-1 は別カット。

「海中写真館」 Maldives Gallery 13-2
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2016-04-24 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ムレハタタテダイ

ムレハタタテダイ

桟橋の下で群れていたムレハタタテダイ。
これだけまとまった数を見るのは4年前のモルディブ以来です。
アンボンの湾内のポイントはマクロが主体ですが
重くてもカメラを2台持って入って良かったと思う瞬間。
Ambon Gallery 2 はムレハタタテダイの全写真。

「海中写真館」 Ambon Gallery 2-4
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm×1.5Telecon●Z-240×2
2015-12-28 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ナンヨウツバメウオ

ナンヨウツバメウオ

流れが強いカカバン島のコーナーで撮影したナンヨウツバメウオ。
いつもよく見る整然とまとまったツバメウオの群れ方ではなく
体を縦横にヒラヒラさせながら、流れに逆らって泳いでいました。
後ろに写っているのはギンガメアジの群れ。

「海中写真館」 Kalimantan Gallery 4-1
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2015-11-06 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ブラックフィンバラクーダ

ブラックフィンバラクーダ

前回に引き続きマラトゥアのブラックフィンバラクーダ。
流れに逆らってストロボが十分に届く距離まで接近し
下から煽り気味に、フィッシュアイレンズの画角を生かして撮影。
連日流れが強かったので、群れが渦を巻くことはありませんでした。

「海中写真館」 Kalimantan Gallery 2-7
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2015-10-21 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ブラックフィンバラクーダ

ブラックフィンバラクーダ

先月、マラトゥアで撮影したブラックフィンバラクーダ。
撮影は有名なチャネル(ビッグフィッシュカントリー)ではなく
マラトゥア島西部のフュージュラーパラダイスです。
今回このポイントでは4本潜りましたが、比較的透明度もよく
毎回、まとまった数のバラクーダに遭遇することができました。

「海中写真館」 Kalimantan Gallery 2-3
Nikon D810●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2015-10-17 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)
▼NEXT
福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION