>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

小さなホヤにとまっていたセボシウミタケハゼの極小幼魚。
眼と内蔵以外は透明で、周囲に完全にとけこんでいます。
眼球は光を反射するので、ストロボ光を当てると白く光りますが
この角度から撮ると反対側の眼球の裏が写って面白い写真になりました。

「海中写真館」 Bali Gallery 145-1
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2012-12-25 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(2)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

引き続き育卵中のセボシウミタケハゼ。
こちらはホヤを覆い尽くすほど沢山の卵が産み付けられています。
あいにくホヤの周りがあまり綺麗ではなかったのですが
このアングルから至近距離で撮影すると手前と後ろに距離差ができ
f16まで絞ってもバックをぼかすことができました。

「海中写真館」 Bali Gallery 143-4
Nikon D700●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2012-12-21 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

ホヤに産み付けられた卵とそれを守るセボシウミタケハゼ。
産卵後でも稀にペアで見つかることがありますが、ほとんどは単独。
通常、卵を守るのは雄の役目と言われています。
雌雄はともかく親ハゼは卵から離れることがないので撮影には好都合。
Bali Gallery 144-7144-8 はハゼの位置が違う別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D700●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2012-12-17 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

トランバンで撮影した最新のホヤハゼ(セボシウミタケハゼ)。
今回は産卵シーズンで、多くのホヤで見つけることができましたが
ホヤの周りも綺麗で、背景が完璧な場所はなかなか見つかりません。
このホヤの根元には小さなホヤ、そして後ろにはオレンジ色のカイメン。
バックを生かす撮影には申し分のない、好条件が揃った場所でした。
Bali Gallery 142-1 は反対方向から、142-2 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D700●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2012-12-12 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

センジュイソギンチャク

センジュイソギンチャク

手前にカクレクマノミがいるイソギンチャク、その横にサンゴ
後方にはカイメン、その上にヤギ、そしてヤギにはウミシダ…
1ヵ所にバランスよくかたまっていたので思わずカメラを向けました。
小さな海中庭園といった感じですが、人工的に配置されたわけでもなく
自然がつくりだす景観のバランスは絶妙です。

「海中写真館」 Bali Gallery 137-3
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2012-12-08 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(3)

アカククリ

アカククリ

トランバンの沈船で撮影したアカククリ。
この魚とよく似たツバメウオはまとまりのある美しい群れになりますが
アカククリの場合は群れてもまとまりがなく、ペアで撮る方が綺麗です。
レンズはDX用のTokina10-17mmフィッシュアイズームを使用していますが
このレンズは15mm以上でD800のFX(フルサイズ)用としても使用可能。
以前ご紹介したのは慶良間で撮影したアカククリのペア

「海中写真館」 Bali Gallery 137-2
Nikon D800●Tokina Fisheye 10-17mm●Z-240×2
2012-12-04 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(2)
福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

11 | 2012/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION