>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

トウアカクマノミ

トウアカクマノミ

ワイドマクロに最適な被写体、トウアカクマノミ。
写真を撮るには、やはり育卵中のシーンが一番です。
個体が大きく、人を恐れず、バックにイソギンチャク、そして周りが砂地。
フィッシュアイのデフォルメ感と遠近感を強調した
独特の空間を写し出すことができます。
Motobu Gallery 12-1Motobu Gallery 12-2 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
NIKONOS RS●R-UW AF Fisheye Nikkor 13mm●Z-220×2
2007-08-07 | 水中写真 | 魚類(クマノミ) | Comment(6)
<<ウミシダウバウオ| TOP | オドリカクレエビ>>

コメント

わー、サンゴのカタチがいい感じですね~!
フィッシュアイの絵はなんとなく苦手なのですが、
こうやってワイドマクロで撮るととっても面白くっていい感じですね。
2007-08-08 00:51 | URL | おさかな撮り #rkLpwrN2[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-08-08 13:12 | | #[ 編集]
↑まちがえて鍵つけてしまいました。
2007-08-08 13:14 | URL | chizukat #SFo5/nok[ 編集]
おさかな撮りさん
10cm以上の被写体で、思いっきり近寄れて、しかも背景が綺麗・・・
ワイドマクロに欠かせないこの3つの条件って、なかなか難しいんですけど
出来上がったマクロの写真を見て、ワイドでも撮っとけば良かった・・・と後から思うことはよくあります。
2007-08-08 17:35 | URL | jun291 #-[ 編集]
chizukatさん
↓鍵を壊しました。
本部の写真は、何回も見直してるのでしっかりとインプット済みなんですけど、
フィッシュアイレンズを仕入れないと真似することも出来ません。
これだと、30cm以内ぐらいまで寄ってるものですか?

この写真、レンズの先端からクマノミまでは5cm位。
NIKONOS RS 13mmのほぼ最短撮影距離で撮ってます。
ワイドマクロには最短撮影距離が短いレンズが欠かせませんが
Tokinaのフィッシュアイズームも最短撮影距離が短いので、ほぼレンズの目の前までピントが来ます。
2007-08-08 17:38 | URL | jun291 #-[ 編集]
綺麗な海の底ですね

日本の底質もこのようになって欲しいですね!

底質汚染を少し毎でも良改善出来ればと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/teisitu
2008-03-29 19:11 | URL | 底質汚染勉強人 #Sq9oM5Os[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION