>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

ウミウシカクレエビ

ウミウシカクレエビ

このウミウシはマダライロウミウシ(チータウミウシ)。
やや大型でよく目立ち、トランバンでは普通種なので普段はスルーしますが
よく見ると、ウミウシカクレエビがついていました。
Bali Gallery 54-5 はウミウシの全体像、Bali Gallery 54-6 は二次鰓絡み。

「海中写真館」 未掲載
Nikon F80●SIGMA MACRO 150mm●Z-220+YS-30
2008-06-07 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(8)
<<スケロクウミタケハゼ| TOP | ガラスハゼ>>

コメント

キタ~ッ!って感じです。
二次鰓絡みにやられました。
全体像のやつにもやられましたけど。

相変わらず画面全部がシャープで
ステキの一言です。
2008-06-07 21:31 | URL | 池ちゃん #-[ 編集]
ありそうで、初めて見たこの組み合わせ。
この状態で背景をウミウシと黒バックなんてさすがです。
バリではウミウシも、ちゃんとチェックしないと、こんなシーンも見逃してしまいますね。
2008-06-07 22:01 | URL | イッチー #18Rmrdzg[ 編集]
う~~ん綺麗ですね~!ウミウシとウミウシカクレエビ・・私の中で最強のペアーです。バリでは結構見れると聞いていたんですがわたしが見たときにはなんだか不気味なゴカイの仲間にくっついていました・・・やっぱりウミウシに乗っているところに出会いたいものですね~~
2008-06-07 22:32 | URL | うみうしふぇち  #.zxHueVw[ 編集]
チータウミウシにもついていたりするんですね!
この前沖縄で初めてチータを見ましたが、
大きすぎて、これだけだとなかなか絵にできませんでした。
ウミウシカクレエビのホストとしては、とてもキレイな柄ですよねー
2008-06-07 23:24 | URL | オマメグ #-[ 編集]
池ちゃんさん
ナマコについているところは沖縄でさんざん撮っていますので
やはり本家のウミウシで見つけると嬉しいですね。
全体像が撮れるのもこのサイズのウミウシならでは。
二次鰓絡みもこのエビを綺麗に撮る定番アングルですね。
2008-06-08 02:20 | URL | jun291 #-[ 編集]
イッチーさん
僕もこの組み合わせを見たのははじめてですが
トランバンにはこのチータウミウシがゴロゴロいるので
これからはパスしないでよく探してみようと思います。
黒バックにできたのはトランバンの黒砂のおかげですね。
2008-06-08 02:28 | URL | jun291 #-[ 編集]
うみうしふぇちさん
同じく僕にとっても最強のペアですね。
僕はこんな場合、もちろんエビをメインに撮りますが
うみうしふぇちさんの場合はやはりウミウシがメインになるのでしょうか?
トランバンはナマコが少ないせいか、ウミウシ以外にヒトデで見つけたこともあります。
2008-06-08 02:38 | URL | jun291 #-[ 編集]
オマメグさん
この写真のチータは小さかったけど、かなり大きくなりますね。
沖縄の白砂に比べるとトランバンの黒砂ではよく目立って、しかもペアでいることが多いんです。
たしかにこのウミウシだけでは絵にしにくいので、背景になってもらう方がいいですね。
それにしてもオマメグさん、初沖縄でたくさんウミウシ見てますねー。
2008-06-08 02:51 | URL | jun291 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION