>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

アカメハゼ

アカメハゼ

3倍テレコンで赤目をアップにしたトランバン(バリ島)のアカメハゼ。
この角度で撮影すると、赤目の周りの黒の縁取りがくっきりと強調されます。
枝サンゴに小さな集団で群れるアカメハゼはとてもいい被写体。
サンゴの枝先にとまっているもの、ホバリングしているもの…
どれを撮ってもこの赤い目があれば写真がピリッと締まります。
Bali Gallery 14-1 は同じ時に撮影した横からのアングル。
これまでご紹介したのはモルディブのスケルトン宮古島のペア

「海中写真館」 未掲載
Nikon F4●AF Micro Nikkor 105mm×3Telecon●Z-220+YS-30×2
2009-01-06 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(4)
<<トウアカクマノミ| TOP | アカスジカクレエビ>>

コメント

明けましておめでとうございます。

極小・動き回る被写体に対してのピント合わせ
ってなにかコツとかあるんですか。
いつ見てもベタピンでほれぼれする写真です。

本年もよろしくお願い申し上げます。
2009-01-07 09:37 | URL | spidy #-[ 編集]
アカメハゼ、面白いですよね。
以前、阿嘉島で撮りました。junさんのを参考に、またトライしてみたいと思います。
http://uncle-masaki.pro.tok2.com/SCUBAPages/Akajima0612/haze.html
2009-01-07 18:09 | URL | アンクルM #-[ 編集]
spidyさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
ピント合わせですが、シャッターを切った瞬間(ファインダーが一瞬暗くなる瞬間)の前後に
ファインダーでジャスピンが実感できていれば、間違いなくピントは合っています。
極小や動き回る被写体の場合は、置きピンにして撮るのもいいですね。
いずれにしてもまず大切なことは体の固定、その後は集中力と反射神経ですね。
2009-01-08 02:19 | URL | jun291 #-[ 編集]
アンクルMさん
アカメハゼ、いろんな角度で撮られましたね。
このハゼはなぜかファインダーで捉えただけで幸せな気分になって
ついつい時間を忘れて撮影してしまいます。
いずれにしても画面内の枝サンゴの入れ方がポイントになりますね。
2009-01-08 02:49 | URL | jun291 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION