>HOME
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

イソバナ

イソバナ

水中写真を撮っていると時として色が邪魔…と感じる事があります。
ストロボ光は肉眼では見えない鮮やかな色彩を引き出してくれる反面
水中で感じた神秘性、静寂感など、感動を損なってしまうこともあります。
特にカタチが美しいと感じた時は、あえてストロボを使わず自然光で。
色彩を排除したブルーの世界は、モノクロ写真の魅力に通じる気がします。

「海中写真館」 Miyako Gallery 2-2
Nikon F90X●AF Fisheye Nikkor 16mm
2007-02-03 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(6)
<<コブシメ| TOP | キサンゴカクレエビ>>

コメント

イソバナをシルエットにすることで、水の透明感や太陽光の美しさが際立っていると思います。
殆どの人が当然のようにストロボをたいてイソバナ主体に撮る場面を、あえて脇役にまわす演出が流石です!
2007-02-06 00:07 | URL | NORI #QwnL01KM[ 編集]
デジタルでいつになったら このブルーと光源廻りの自然な感じを表現できるでしょうか。
でも、自分が銀塩で潜っても、こうはいかないでしょうし、当面淳さんのワイドで勉強させていただきます。
2007-02-06 20:33 | URL | イッチー #-[ 編集]
自然光ですか? 今まで外部ストロボをつけてない私には、光の恩恵が羨ましかったんですけど、器材だけじゃーないんですね 
神秘的な光ですねー
2007-02-06 20:53 | URL | chizukat #SFo5/nok[ 編集]
NORIさん
スミランクルーズから帰ってきました。
今回は全海域ともに透明度が最悪(5~10m)。
この写真のような自然光で透明感を・・・どころではありませんでした。
2007-02-11 01:14 | URL | jun291 #-[ 編集]
イッチーさん
ただいまです。
今回はクルーズ=団体行動?ということもあって
じっくりマクロは撮れませんでした。
ということで、マクロ魂は次回に持ち越しです。
2007-02-11 01:17 | URL | jun291 #-[ 編集]
chizukatさん
お待たせしました。帰国しました。
スミランクルーズ、去年は透明度が良かったので
今回も青く抜けるワイドを期待したのですが・・・涙
プランクトンが多い分、マンタが多かったのが救いでした。
2007-02-11 01:27 | URL | jun291 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

福井淳「海中写真館」HOME

CALENDER

11 | 2017/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION