福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真Blog

クロスジウロコウミウシ

クロスジウロコウミウシ

Lawadi Beach でよく見られるクロスジウロコウミウシ。
ウロコのような背側突起は表裏で柄が異なり
外側は黒と黄色の筋模様で内側は黒にオレンジ色の水玉模様。
活動中はこのウロコをヒラヒラとさせながら移動するので
英名では Tiger butterfly と呼ばれています。
Pupua Gallery 30-130-230-3 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 30-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

クロスジウロコウミウシ 

 
2019-03-03 | 水中写真 | ウミウシ | Comment(0)

フリソデエビ

フリソデエビ

体長4mm程の極小フリソデエビ。
これまで撮影した中では2番目に小さな個体です。
このサイズだと特徴のフリソデ(第二胸脚)はまだ小さく
眼や頭上の第一触覚の方がよく目立ちます。
小さくても食欲は旺盛、撮影中もヒトデを放すことはありませんでした。
Pupua Gallery 28-3 は別カット。
以前ご紹介した entry-88 はこれまでの最小記録。

「海中写真館」 Pupua Gallery 28-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

フリソデエビ 

 
2019-02-27 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

ホシナシイソギンチャクエビ

ホシナシイソギンチャクエビ

イボハタゴイソギンチャクで見つけたホシナシイソギンチャクエビ。
紫色のイソギンチャクの触手が美しかったので、撮影しました。
このイソギンチャクに同居しているのは気が強いトウアカクマノミ。
たとえエビを撮影していても画面内に割り込んでくるので
なかなかエビに集中できません。

「海中写真館」 Pupua Gallery 28-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ホシナシイソギンチャクエビ 

 
2019-02-23 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

オドリカクレエビ

オドリカクレエビ

ハナギンチャクの周囲でホバリングしていたオドリカクレエビ。
ハナギンチャクの中央部がオレンジ色で美しかったので
背景に入るようにエビを誘導しながら撮影しました。
Pupua Gallery 27-8 は真上から。

「海中写真館」 Pupua Gallery 27-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

オドリカクレエビ 

 
2019-02-19 | 水中写真 | 甲殻類(エビ類) | Comment(0)

メラネシアンブルーデビル

メラネシアンブルーデビル

アロタウで見られるスズメダイ、学名は Chrysiptera cymatilis。
鮮やかなブルーが特徴で、一見どこにでもいそうなスズメダイですが
1999年にニューギニア島近海で発見された新種です。
貴重な魚ということで、とりあえずは鰭全開を真横から。
Pupua Gallery 26-6 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 26-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

メラネシアンブルーデビル 

 
2019-02-15 | 水中写真 | 魚類(スズメダイ) | Comment(0)

ハナビラクマノミ

ハナビラクマノミ

壺状に閉じていたセンジュイソギンチャクとハマクマノミ。
イソギンチャクが閉じる理由は捕食中とか海が暗いとか諸説ありますが
様々な条件で閉じていることがあるので確かな理由はわかりません。
なぜか今回のアロタウでは壺状に閉じたイソギンチャクをよく見ました。
イソギンチャクの体壁を見た目に近いブルーに写すため
自然光を生かして撮影しました。
Pupua Gallery 26-126-2 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ハナビラクマノミ 

 
2019-02-11 | 水中写真 | 魚類(クマノミ) | Comment(0)

クラウンアネモネフィッシュ

クラウンアネモネフィッシュ

カクレクマノミと酷似しているクラウンアネモネフィッシュ。
実際のところ見た目では区別がつかないので
生息域からクラウンアネモネフィッシュとしました。
この時はイソギンチャクが壺状に閉じかけて体壁の赤紫色が美しく
それを画面に入れたくて写真を撮りました。
Pupua Gallery 25-4 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 25-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

クラウンアネモネフィッシュ 

 
2019-02-07 | 水中写真 | 魚類(クマノミ) | Comment(0)

トウアカクマノミ

トウアカクマノミ

イボハタゴイソギンチャクに共生しているトウアカクマノミの幼魚。
日本では名前の通り頭が赤く、レアなことから人気がありますが
海外で見られる成魚は黒っぽい個体が多くて地味。
撮影するなら可愛い幼魚がおすすめです。
Pupua Gallery 25-2 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

トウアカクマノミ 

 
2019-02-03 | 水中写真 | 魚類(クマノミ) | Comment(0)

ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴ

Lawadi Beach で見つけたハナミノカサゴの幼魚。
ここは一面が砂泥質で、目立ったホストがあまりないのですが
高さ30cm程のカイメンに、いいサイズの幼魚がとまっていました。
ハナミノカサゴの幼魚は胸鰭の美しい水玉模様が特徴。
胸鰭が全開になる瞬間を狙って、ひたすらシャッターを切りました。
Pupua Gallery 24-724-8 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 24-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ハナミノカサゴ 

 
2019-01-30 | 水中写真 | 魚類(カサゴ,オコゼ) | Comment(0)

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

アロタウの代表的なマクロポイント Lawadi Beach。
河口にある砂泥質のスロープで、マクロ生物の宝庫です。
写真はサボテングサに擬態しているハリメダゴーストパイプフィッシュ。
近似種のカミソリウオやニシキフウライウオに比べると稀種で
私が見た(撮影した)のも今回で3度目です。
以前ご紹介した category-25 はアンボンで撮影。

「海中写真館」 Pupua Gallery 24-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

ハリメダゴーストパイプフィッシュ 

 
2019-01-26 | 水中写真 | 魚類(ニシキフウライウオ) | Comment(0)

クマドリカエルアンコウ

クマドリカエルアンコウ

体長約9mm、極小サイズのクマドリカエルアンコウです。
これまでもっと小さなイロカエルアンコウは撮影したことはありますが
クマドリカエルアンコウではこの個体が最小記録です。
頭の突起(第2背鰭棘)が突き出ていて、すべての鰭が全開。
動きの中からできるだけカタチのいい瞬間を撮影しました。
Pupua Gallery 24-2 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 24-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2

クマドリカエルアンコウ 

 
2019-01-22 | 水中写真 | 魚類(カエルアンコウ) | Comment(0)

ホソカマス

ホソカマス

アロタウのバラクーダポイントで撮影したホソカマス。
ここではブラックフィンバラクーダも見られますが個体数は少なく
こちらのホソカマスの方が良く見られます。
まさに光り物そのものなので、ストロボ光の反射し過ぎに注意。
Pupua Gallery 19-119-219-3 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-240×2

ホソカマス 

 
2019-01-18 | 水中写真 | 魚類(その他) | Comment(0)

ディコンズリーフ

ディコンズリーフ

アロタウを代表する人気ポイント Deacon’s Leef。
木々が生い茂る岸近くの水中にはソフトコーラルが繁茂。
水中に射し込む木漏れ日が幻想的なポイントです。
この日は生憎天気が悪く、日射しはありませんでしたが
水中が暗い分、ソフトコーラルが元気でポリプが全開でした。
Pupua Gallery 22-4 は別カット、18-8 は対角魚眼。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-240×2

ディコンズリーフ 

 
2019-01-14 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

コーラルガーデン

コーラルガーデン

引き続きアロタウのCoral Garden。
中央のサンゴを挟んで上側のライトブルーは水面ぎりぎりの浅い海。
下側のダークブルーは垂直に切り立ったドロップオフの深い海。
円周魚眼の超広画角ならではの不思議な水中景観です。
Pupua Gallery 21-521-621-7 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 21-4
Nikon D610●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-240×2

コーラルガーデン 

 
2019-01-10 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

半水面

半水面

先月潜ったアロタウ(パプアニューギニア)。
写真は代表的なポイントの一つ、Coral Garden。
岸に近い棚は水深が浅く、元気なサンゴに覆われています。
この日は浮遊物が多く、波もあり、コンディションはイマイチでしたが
なんとか半水面写真を撮ることができました。
Pupua Gallery 21-121-2 は円周魚眼半水面。

「海中写真館」 Pupua Gallery 18-1
Nikon D610●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-240×2

半水面 

 
2019-01-06 | 水中写真 | 水中風景 | Comment(0)

イソコンペイトウガニ

イソコンペイトウガニ

あけましておめでとうございます。
ナイトダイビングで撮影したイソコンペイトウガニ。
このカニを撮影するとホストのトサカに紛れてしまうことがありますが
トサカのポリプが真っ赤な割にこの個体はやや色白。
しかもポリプをほとんどつけていないのでよく目立ちます。
Komodo Gallery 17-517-6 は別カット。
本年も「海中写真館」をよろしくお願い申し上げます。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2

イソコンペイトウガニ 

 
2019-01-01 | 水中写真 | 甲殻類(カニ類) | Comment(0)

アカフチリュウグウウミウシ

アカフチリュウグウウミウシ

アカフチが少ない地味なアカフチリュウグウウミウシ。
触覚だけでなく二次鰓の先端、外套膜の縁が赤いのが普通ですが
この個体はアカフチが無いトサカリュウグウウミウシに近い体色です。
ニシキボヤの先端から行き場を失い、ケヤリを前に躊躇している様子。
Komodo Gallery 19-2 は2分後(移動後)の写真です。

「海中写真館」 Komodo Gallery 19-1
Nikon D610●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2

アカフチリュウグウウミウシ 

 
2018-12-29 | 水中写真 | ウミウシ | Comment(0)

テンロクケボリ

テンロクケボリ

チヂミトサカについていたテンクロケボリ。
トサカにとっては天敵ですが、ダイバーには人気です。
トサカの色が淡ベージュなので、外套膜の模様もやや薄め。
貝が移動中だったので足や触覚、そして眼がよくわかります。

「海中写真館」 Komodo Gallery 18-7
Nikon D610●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2

テンロクケボリ 

 
2018-12-25 | 水中写真 | その他の海洋生物 | Comment(0)

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

撮影はコモド島の東、リンチャ島北部の Wainilu。
海底は泥地で、マクロ生物が豊富なマックダイブのポイントです。
ここでは大きなツクシのようなイチゴボヤの一種が一面に生えていて
よく見るとあちこちにセボシウミタケハゼがついていました。
Komodo Gallery 14-7 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2

セボシウミタケハゼ 

 
2018-12-21 | 水中写真 | 魚類(ハゼ) | Comment(0)

Bath's Blenny

Bath's Blenny

ヒトスジギンポに似ているバスズブレニー(Bath's Blenny)。
ニラミギンポ属の一種で、学名は Ecsenius bathi。
体の線の色が雄は赤、雌は黒ということなので、写真の個体は雄。
最初は慎重に、少し離れたところから撮りましたが
その後カメラを近づけても逃げる気配はありませんでした。

「海中写真館」 Komodo Gallery 14-3
Nikon D610●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2

Bath's  Blenny 

 
2018-12-17 | 水中写真 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment(0)

CALENDER

04 | 2019/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

TAGS

COMMENTS

LINKS

INFOMATION