福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真ブログ

フタスジリュウキュウスズメダイ 

フタスジリュウキュウスズメダイ

サンゴの枝間に群れるフタスジリュウキュウスズメダイの幼魚。
名前の通り、沖縄の豊かなサンゴ礁を象徴する魚です。
特に慶良間ではよく見られる普通種ですが
背景のサンゴの違いや海の入れ方、自然光の生かし方など
いろんなバリエーションの撮影が楽しめます。
Kerama Gallery 122-3122-4 は別カット。
122-1122-2122-5122-6 は別のサンゴ。

「海中写真館」 未掲載

Nikon D610●TAMRON AF90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2021-11-26 | 魚類(スズメダイ) | Comment

サンゴ 

サンゴ

エグジット前の浅場で撮影した元気なサンゴ。
以前、白化現象とオニヒトデの食害で壊滅状態になっていましたが
僅か数年でサンゴが見事に復活していました。
今回から使用している大光量ストロボ(Z-330 Type2)の効果で
多少距離のあるイソバナも真っ赤に発色しています。
Kerama Gallery 119-6119-8121-8 は同じ場所で撮影。

「海中写真館」 Kerama Gallery 119-7
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-330×2
2021-11-22 | 水中風景 | Comment

アオウミガメ 

アオウミガメ

円周魚眼で撮影したアオウミガメの超ドアップ。
極端な遠近感とデフォルメで面白い顔が撮れました。
Kerama Gallery 119-3 はこの子を横から撮った対角魚眼。
以前ご紹介した entry-1005entry-636
通常のフィッシュアイレンズ(対角魚眼)で撮影したお気に入り。

「海中写真館」 Kerama Gallery 121-4
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-330×2
2021-11-18 | 爬虫類(ウミガメ他) | Comment

アオウミガメ 

アオウミガメ

夏の太陽と青い海、そして大接近のアオウミガメ。
いいポーズをとった瞬間、ベストなアングルで撮れました。
アオウミガメの写真は世界各地で撮影していますが
この海の青さは慶良間ならでは。
Kerama Gallery 119-2 は1秒後。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-330×2
2021-11-14 | 爬虫類(ウミガメ他) | Comment

ユカタハタ 

ユカタハタ

海のブルーを背景に、色鮮やかなユカタハタ。
真っ赤な体色にブルーの斑点が美しく、写真映えがする被写体ですが
マクロで撮るには大き過ぎ、ワイドで撮るには小さ過ぎ。
ワイドの場合はできるだけ近寄って、逃げられる直前に撮影します。
Kerama Gallery 118-8 はさらに接近。

「海中写真館」 Kerama Gallery 118-7
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-330×2
2021-11-10 | 魚類(その他) | Comment

キンメモドキ 

キンメモドキ

前回のキンメモドキを真上から、円周魚眼で撮影。
上方のイソバナはポリプが全開で生き生きとしていますが
キンメモドキは下方(イソバナの根元)でこぢんまりと。
時には視点を変えて、違ったアングルから撮影してみるのも新鮮です。
Kerama Gallery 120-1120-2120-4 は通常のアングルから。

「海中写真館」 Kerama Gallery 120-3
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-330×2
2021-11-06 | 魚類(キンメモドキ) | Comment

キンメモドキ 

キンメモドキ

今年の7月に撮影したキンメモドキ。
ほぼ毎年撮影しているポイントですが
今年は少し時期を遅らせたので魚の数は少なめ。
その分、背景のイソバナがよく目立つ写真になりました。
Kerama Gallery 117-2117-3117-4 は同じポイントで撮影。
entry-1006entry-908entry-810entry-721entry-635 は過去の写真。

「海中写真館」 Kerama Gallery 117-1
Nikon D810●AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm●Z-330×2
2021-11-02 | 魚類(キンメモドキ) | Comment

コンペイトウウミウシ 

コンペイトウウミウシ

屋久島でよく見つかるコンペイトウウミウシ。
大きめの個体で、全身がオレンジ色の斑点で覆われています。
Yakushima Gallery 29-5 は別の場所で撮影した小さな個体。
斑点は少ないですが、毒々しさはありません。
このウミウシは触覚と二次鰓に同じ黒色の斑紋があるのが特徴で、
二次鰓が大きく開いた瞬間に撮影するのがベスト。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-10-29 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

シンデレラウミウシ 

シンデレラウミウシ

屋久島では特に個体数が多いシンデレラウミウシ。
カイメンにとまっていたので下から煽り気味に撮りました。
Yakushima Gallery 29-2 は別の個体。
触覚と二次鰓、そして周囲のオレンジが綺麗です。
29-4 はシンデレラによく似た近似種のカグヤヒメウミウシ。
違いは白縁と紫の境目がはっきりしていること。
因みに 29-3 は左がシンデレラで右がカグヤヒメ。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 29-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-10-25 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

マルタマオウギガニ 

マルタマオウギガニ

トゲトサカに隠れていたマルタマオオウガニ。
丸っこくて可愛らしいカニですが、実はトサカ類の天敵です。
トサカの幹に穴を開け隠れ棲むので、トサカが折れてしまうことも。
宿主にとっては大迷惑なので、片利共生というよりも寄生です。
entry-249 は以前柏島で撮影した真っ赤なマルタマオウギガニ。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 28-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-10-21 | 甲殻類(カニ類) | Comment

カンザシヤドカリ 

カンザシヤドカリ

紫色のポリプに囲まれたカンザシヤドカリ。
よく見る地味なサンゴですが、ポリプが開けば美しいお花畑に。
Yakushima Gallery 28-2 はあまり見ない筋模様のサンゴ。
ポリプは閉じていますがグリーンのスポットが美しい。
カンザシヤドカリの写真は周りのサンゴで決まります。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 28-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-10-17 | 甲殻類(異尾類) | Comment

ホシゾラワラエビ 

ホシゾラワラエビ

紫色のフトヤギで撮影したホシゾラワラエビ。
手前のエビが脚を伸ばしたので慌ててシャッターを切りました。
後ろのエビを適度にぼかすことができ、前後のエビの配置も良好。
いいタイミングとアングルで撮影することができました。
Yakushima Gallery 27-6 は1個体をアップで。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 27-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-10-13 | 甲殻類(異尾類) | Comment

ホシゾラワラエビ 

ホシゾラワラエビ

熱帯から亜熱帯の海に生息するホシゾラワラエビ。
近似種のオルトマンワラエビは鹿児島以北が生息域なので。
おそらくホシゾラワラエビは屋久島が北限です。
写真のホストは屋久島では数が少ないトゲトサカ。
肉眼では真っ白に見えましたが、ややオレンジがかっています。
Yakushima Gallery 27-327-4 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-10-09 | 甲殻類(異尾類) | Comment

ワレカラ 

ワレカラ

目から鱗、子育てをするワレカラ(雌)です。
胸部の綿の様に見える部分は集合した小さなワレカラの幼体。
孵化後は母親の周囲にいて、危険を察知すると母親の体に戻ります。
甲殻類の多くは卵が孵化するまで雌が抱卵して育てますが
こんな小さなワレカラの子育てを観察したのは初めてです。
Yakushima Gallery 26-8 は反対側から。
26-5 は母親と周りのガヤに群がっている小さな幼体。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 26-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-10-05 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ヤクシマカクレエビ 

ヤクシマカクレエビ

屋久島で発見されたのでこの名がついたヤクシマカクレエビ。
テナガエビ科の一種で、学名は Pliopontonia harazakii。
ガイドをお願いしている発見者の原崎森さんの名前がついています。
ホストは小さなアワサンゴの仲間。
ポリプが閉じている時はエビの全身が露出し、背景としても美しい。
Yakushima Gallery 26-1 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-10-01 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ウミウシカクレエビ 

ウミウシカクレエビ

ジャノメナマコについていたウミウシカクレエビ。
撮影しているとナマコの体表から突起が出てきたので
その状態がわかるように思いっきりローアングルから撮りました。
この突起の正体はわかりませんが、防御反応の一種でしょうか?
Yakushima Gallery 25-625-7 は突起が出る前。
25-8 は突起が出ている別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-09-27 | 甲殻類(エビ類) | Comment

クダヤギクモエビ 

クダヤギクモエビ

クダヤギのポリプが開いたクダヤギクモエビの写真。
このエビはクダヤギの奥に隠れていることが多く
撮影のためにエビを移動させるとクダヤギに触ることになり
どうしてもポリプが閉じてしまいます。
Yakushima Gallery 25-125-225-3 は別の日に撮影。
エビはわかりやすいのですが、ポリプは閉じています。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 25-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-09-23 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ニセアカホシカクレエビ 

ニセアカホシカクレエビ

前回に続きイバラカンザシとニセアカホシカクレエビ。
こちらは大きな個体なので、さすがに上に乗ることはできないのか
イバラカンザシの鰓冠に入り込んで身を隠しています。
エビの全身にカチッとピントを合わせたいところですが
イバラカンザシも鮮明になり、エビが紛れてしまうので難しいところ。
Yakushima Gallery 24-5 は別カット。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 24-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-09-19 | お知らせ | Comment

ニセアカホシカクレエビ 

ニセアカホシカクレエビ

イバラカンザシの鰓冠に乗るニセアカホシカクレエビ。
イバラカンザシにとっては迷惑な存在だと思いますが
なぜか引っ込むことなく、エビを乗せたまま。
刺激に敏感で、近づいただけでも引っ込むことがあるので
このエビが無害であることを感知・判別しているようです。
Yakushima Gallery 24-8 は別カット。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 24-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-09-15 | 甲殻類(エビ類) | Comment

セボシウミタケハゼ 

セボシウミタケハゼ

前回とは別のシャコガイにとまっていたセボシウミタケハゼ。
前回と比べると地味ですが、シャコガイの外套膜の色柄は多様です。
entry-740 は7年前に屋久島で撮影したお気に入りのシャコハゼ。
今回もこのシャコガイは健在でしたが、ハゼは見つかりませんでした。
Yakushima Gallery 23-5 は別カット。

「海中写真館」 Yakushima Gallery 23-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2021-09-11 | 魚類(ハゼ) | Comment

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION