福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真ブログ

カンナツノザヤウミウシ 

カンナツノザヤウミウシ

前回ご紹介したカンナツノザヤウミウシ。
翌日、同じポントに潜ると交接シーンが見られました。
2匹になるとさらにカメラアングルが難しくなりますが
このアングルだと体の右側面の交尾器がわかります。
ちなみにウミウシは雌雄同体なので、お互いに精子を交換します。
Kashiwajima Gallery 137-7 は別アングル。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 137-8
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2020-12-15 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

カンナツノザヤウミウシ 

カンナツノザヤウミウシ

フサコケムシを食べるカンナツノザヤウミウシ。
このウミウシの生態を美しく表現できる定番写真です。
ツノ(突起)が特徴のこのウミウシは意外とアングルが難しく
斜めから撮るよりも真上や真正面からの方がわかりやすく撮れます。
Kashiwajima Gallery 137-3137-4 は別カット。
137-5137-6 は近くにいた別の個体。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2020-12-11 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

カンナツノザヤウミウシ 

カンナツノザヤウミウシ

コケムシに登って食事中のカンナツノザヤウミウシ。
近似種のウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウ)が有名ですが
インドネシアの海域ではこちらの方が多く見られます。
Bali Gallery 254-7 は後ろにアカスジカクレエビ。
entry-700 はラジャアンパットのツノザヤウミウシ。

「海中写真館」 Bali Gallery 254-8
Nikon D610●SIGMA MACRO 150mm●S-2000×2
2016-12-09 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION