インスタグラム
福井淳「光彩写真館」
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真ブログ

スミレナガハナダイ 

スミレナガハナダイ

サンゴに身を寄せていたスミレナガハナダイの幼魚。
前回の雄とは似ても似つかない清楚な姿です。
ハナダイは性転換(雌性先熟)する魚として知られ
群れのボス(雄)以外は幼魚を含めすべて雌。
成熟した雌もこの幼魚同様、体色はヤマブキ色です。
Iriomote Gallery 8-8 は別カット。

「海中写真館」 Iriomote Gallery 8-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2022-09-27 | 魚類(ハナダイ) | Comment

スミレナガハナダイ 

スミレナガハナダイ

鰭全開&黒抜き、スミレナガハナダイ(雄)の定番写真です。
縄張りを主張して泳ぎ回りますが、鰭全開で静止することもあり
そのタイミングを狙って撮影します。
できるだけ胸鰭が美しい個体がベスト。
Iriomote Gallery 8-5 は別の個体。

「海中写真館」 Iriomote Gallery 8-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2022-09-23 | 魚類(ハナダイ) | Comment

スミレナガハナダイ 

スミレナガハナダイ

沈船の深場で撮影したスミレナガハナダイの雄。
縄張りを主張していたのか雌へのアピールなのか
盛んに泳ぎ回りながら時折、美しい鰭を全開にしていました。
動きの速い魚をマニュアルフォーカスで狙って撮るのは
反射神経を鍛えるいいトレーニングになります。

「海中写真館」 Bali Gallery 190-2
Nikon D600●TAMRON AF 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2014-06-16 | 魚類(ハナダイ) | Comment

スミレナガハナダイ 

スミレナガハナダイ

ウミシダを背景にしたスミレナガハナダイの幼魚です。
トランバン(バリ島)の砂地では、ウミシダは魚にとって貴重な隠れ家。
キンギョハナダイの幼魚と一緒に群れているのをよく見かけます。
この写真は絞りを開けて自然光を入れて撮影しましたが
ウミシダの白い部分が適度にぼけてキラキラと輝きました。
以前ご紹介したのはスミレナガハナダイの若魚

「海中写真館」 Bali Gallery 126-1
Nikon D700●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2012-03-08 | 魚類(ハナダイ) | Comment

スミレナガハナダイ 

スミレナガハナダイ

サロンパス(四角形の斑紋)で知られるスミレナガハナダイの若魚(雌)です。
以前ご紹介したカシワハナダイ同様、雌から雄へと性転換し
雄になると四角形の斑紋が現れ、体色も濃いピンク色に変化します。
また、成魚になるとドロップオフなどで雄を中心にハーレムをつくりますが
それまでは単独で、この写真のようにホストに寄り添って棲息しています。
Kerama Gallery 43-4 はイソバナに寄り添うスミレナガハナダイの若魚。

「海中写真館」 Bali Gallery 36-5
Nikon F80●SIGMA MACRO 150mm●Z-220+YS-30
2009-04-06 | 魚類(ハナダイ) | Comment

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION