福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真ブログ

ウミウシカクレエビ  

ウミウシカクレエビ

今回のトランバンのナイトで撮影したウミウシカクレエビ。
ホストは体長30cmほどもある巨大なミカドウミウシです。
ウミウシを見つけて最初に確認した時はエビがいない?のかと思いましたが
念のため裏を探ってみると4~5cmの立派なエビがペアで出てきました。
以前ご紹介したこの組み合わせは entry-188 entry-153
いずれもマクタン(セブ島)で日中に撮影した写真です。

「海中写真館」 Bali Gallery 86-2
Nikon D700●SIGMA MACRO 150mm●Z-240+S-2000
2010-05-26 | 甲殻類(エビ類) | Comment

クマノミ  

クマノミ

トランバン(バリ島)で撮影したクマノミの幼魚です。
このホスト、肉眼で見ると地味なベージュ色のイソギンチャクですが
D700で撮影するとシルクのような光沢で写すことができました。
ごく普通のクマノミとイソギンチャクがゴージャスな雰囲気に。
D700の意外な発色には驚かされることがあります。

「海中写真館」 Bali Gallery 59-3
Nikon D700●AF Micro Nikkor 105mm●Z-240+S-2000
2010-05-10 | 魚類(クマノミ) | Comment

ワレカラ  

ワレカラ

トゲトサカについていた体長1cm程の小さなワレカラ。
細長い体形でカマキリやナナフシを連想させる小さな甲殻類です。
タルマワシ(俗称)と同じ端脚目(ヨコエビ目)に分類されますが
エビというよりもむしろプランクトンに近いかなりマニアックな被写体。
Motobu Gallery 5-4Kerama Gallery 35-2 は3倍テレコンで。

「海中写真館」 Bali Gallery 70-7
Nikon D700●SIGMA MACRO 150mm●Z-240+S-2000
2010-05-06 | 甲殻類(その他) | Comment

ヒトスジギンポ  

ヒトスジギンポ

イシガキカエルウオに引き続き、沖縄ではおなじみのヒトスジギンポ。
ヒトスジギンポは危険を感じると穴に隠れる習性がありますので
どうしても穴から顔を覗かせている写真が多くなります。
普通は Motobu Gallery 2-3 のような地味なバックになるのですが
この時はイソバナがあったので、派手なバックになりました。
Kerama Gallery 15-6 は3倍テレコンでさらにアップ。

「海中写真館」 未掲載
Nikon F80●AF Micro Nikkor 105mm●Z-220+YS-30
2010-05-01 | 魚類(ギンポ,カエルウオ) | Comment

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION