福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真ブログ

ツノガニ属sp.  

ツノガニ属sp.

ウミシダで見つけたツノガニ属の一種。
全身にヒドロ虫をつけた Decorator Crab です。
今回のアンボンでは大量発生していたのか
いろんなホストで撮影することができました。
Ambon Gallery 72-5 は別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 72-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-02-27 | 甲殻類(カニ類) | Comment

ヨツバネジレカニダマシ  

ヨツバネジレカニダマシ

トゲトサカに隠れ棲むヨツバネジレカニダマシ。
南の海ではよく見つかる普通種ですが
背景が美しいので見つけるとついつい撮ってしまいます。
Ambon Gallery 72-1 は別カット。
72-2の後ろに写っているのは同居しているミナミゴンベ。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-02-23 | 甲殻類(異尾類) | Comment

ナカソネカニダマシ  

ナカソネカニダマシ

トゲトサカで見つけた極小サイズのナカソネカニダマシ。
甲幅は約3mmで、これまで撮影した中で最小記録です。
あまりにも小さいので肉眼では気配はわかっても何かは?
ファインダーを覗いてナカソネカニダマシと確認できました。

「海中写真館」 Ambon Gallery 71-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-02-19 | 甲殻類(異尾類) | Comment

ウミシャボテンカニダマシ  

ウミシャボテンカニダマシ

ナイトダイビングで撮影したウミシャボテンカニダマシ。
高さが10cmに満たない小さなウミエラについていました。
日中は砂の中に隠れていることが多く、あまり見かけませんが
夜間は活発で、ウミエラをよく見ると高確率で見つかります。
Ambon Gallery 71-3 は別のウミエラで撮影。

「海中写真館」 Ambon Gallery 71-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-02-15 | 甲殻類(異尾類) | Comment

バブルコーラルシュリンプ  

バブルコーラルシュリンプ

薄緑色のミズタマサンゴ(バブルコーラル)。
そこに棲む定番のバブルコーラルシュリンプです。
見た目通りの色を出すために自然光を生かして撮影。
アンボンのバブルコーラルシュリンプは沖縄で見られるタイプと異なり
脚の関節部に青紫色の斑紋があります。
Ambon Gallery 68-168-268-3 はそれぞれ別の個体。

「海中写真館」 Ambon Gallery 68-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-02-11 | 甲殻類(エビ類) | Comment

キイロサンゴハゼ  

キイロサンゴハゼ

名前の通りサンゴに棲んでいるキイロサンゴハゼ。
体長約1cmのかなり小さな幼魚です。
サンゴの枝間からよく見える個体を狙いますが
ライトが当てにくく、すぐに移動するので撮影はなかなか大変。
Ambon Gallery 63-563-763-8 は別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 63-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-02-07 | 魚類(ハゼ) | Comment

ミジンベニハゼ  

ミジンベニハゼ

ニシキボヤに棲んでいたミジンベニハゼ。
空き瓶や空き缶から顔を覗かせている写真が一般的ですが
天然のホストでは意外と無防備な状態で見つかります。
Ambon Gallery 63-2 は正面から。
63-3 はココナッツの皮、63-4 はチャツボボヤに棲んでいました。

「海中写真館」 Ambon Gallery 63-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-02-03 | 魚類(ハゼ) | Comment

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION