福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真ブログ

キサンゴカクレエビ 

キサンゴカクレエビ

ナイトダイビングで撮影したキサンゴカクレエビ。
前回までのムチカラマツエビ同様、全身に斑点模様が出ています。
夜間はポリプが全開のキサンゴですが、ライトを当てるとすぐに萎縮。
この写真も残念ながら触手が縮んでしまいましたが
その分、エビの全身がわかりやすく撮れました。
entry-54 はポリプ全開で撮影できた極小のキサンゴカクレエビ。

「海中写真館」 Bali Gallery 179-4
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2018-06-27 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ムチカラマツエビ 

ムチカラマツエビ

ナイトダイビングで見つけた極小のムチカラマツエビ。
体長は約8mm、ポリプ(触手)と比較してその小ささがわかります。
夜間、体が透けて斑点模様が現れるのは周囲に合わせた巧みな擬態。
長く伸びた触手と一体化して、美しさが際立ちます。

「海中写真館」 Bali Gallery 178-7
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2018-06-23 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ムチカラマツエビ 

ムチカラマツエビ

引き続きバックに色のぼかしを加えたムチカラマツエビの写真。
背景にムチカラマツと同系色のカイメンを入れることができたので
全体の色調をオレンジ系で統一することができました。
Bali Gallery 178-6 は同じ個体を別のアングルから。

「海中写真館」 Bali Gallery 178-5
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2018-06-19 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ムチカラマツエビ 

ムチカラマツエビ

夜間に撮影したムチカラマツエビの写真はバックが黒くなるのが普通。
ただしエビが低い位置にいて、背後にホヤやカイメンなどがある場合
ストロボ光を当ててバックを色でぼかすことができます。
Bali Gallery 177-6 は同じ場所でエビが2匹。

「海中写真館」 Bali Gallery 177-5
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2018-06-15 | 甲殻類(エビ類) | Comment

アカスジカクレエビ 

アカスジカクレエビ

赤い枝に白いポリプ、そして定番のアカスジカクレエビ。
このエビの場合、眼にピントを合わせるこだけに集中すると
透明な体がぼけて、背景に溶け込んでしまうことがあります。
できれば背中にもピントが合うよう、カメラの角度にも神経を。
ポリプをどの程度ぼかすかは迷うところですが
この写真の絞り値はf11、Bali Gallery 175-4 はf5.6。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D600●TAMRON AF90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2018-06-11 | 甲殻類(エビ類) | Comment

キヌヅツミガイsp.&アカスジカクレエビ 

アカスジカクレエビ

真っ白なヤギに赤いキヌヅツミガイの一種。
そこにアカスジカクレエビがとまっていました。
バックに螺旋状の白いヤギをぼかして入れることができたので
黒と白の面白い空間ができました。

「海中写真館」 Bali Gallery 174-8
Nikon D600●TAMRON AF90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2018-06-07 | 甲殻類(エビ類) | Comment

セボシウミタケハゼ 

セボシウミタケハゼ

普通のトゲトサカと違ってポリプに特徴があるトサカ。
ポリプが大きく、同心円状に色が変化しています。
撮影したいので何かいないか探してみると
期待通り小さなセボシウミタケハゼがとまっていました。

「海中写真館」 Bali Gallery 169-3
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2018-06-03 | 魚類(ハゼ) | Comment

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION