インスタグラム
福井淳「光彩写真館」
福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真ブログ

イソカサゴ 

イソカサゴ

ナンヨウキサンゴの枝間にとまっていたイソカサゴ。
岩壁なら周囲に紛れてしまいますが、この場所だと目立ちます。
ライトを当てるとイソカサゴの赤色がひときわ鮮やかに。
entry-749 はウミウチワにとまっていたイソカサゴ。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 190-1
Nikon D610●TAMRON AF90mm MACRO×1.4Telecon●S-2000×2
2024-02-23 | 魚類(カサゴ/オコゼ) | Comment

クダゴンベ 

クダゴンベ

とてもいい場所にいたクダゴンベ。
赤紫色の大きな枝状のカゴメウミヒドラについた
白い鳥の巣の様なヒドロ虫の群体。
見るからに居心地が良さそうです。
色彩的にも白と赤のコントラストが綺麗。
Kashiwajima Gallery 189 はすべて同じ場所で撮影。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●TAMRON AF90mm MACRO×1.4Telecon●S-2000×2
2024-02-19 | 魚類(ゴンベ) | Comment

ミナミハコフグ 

ミナミハコフグ

岩の隙間に隠れていたミナミハコフグの幼魚。
なかなか正面を向いてくれませんでしたが
ファインダーで追い続けながら粘り強く待ちました。
Kashiwajima Gallery 188-6 は別カット。
188-7188-8 は違う場所で撮った別の個体。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 188-5
Nikon D610●TAMRON AF90mm MACRO×1.4Telecon●S-2000×2
2024-02-15 | 魚類(カワハギ/フグ) | Comment

アオサハギ 

アオサハギ

体長約5mmのアオサハギの幼魚。
砂地に生えた小さなムチカラマツに寄り添っていました。
周りには何もなく、近寄っても逃げなかったので
アングルとポジションを変えながら最短距離で撮りました。
Kashiwajima Gallery 187-5187-7187-8 は別カット。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 187-6
Nikon D610●TAMRON AF90mm MACRO×1.4Telecon●S-2000×2
2024-02-11 | 魚類(カワハギ/フグ) | Comment

オリヅルエビ 

オリヅルエビ

転石の下などで生息する小さなオリヅルエビ。
これまで数えるほどしか撮影したことがないレア種ですが
特徴は小さな体に対して大きく広げることができる歩脚。
この個体は胴体が赤いので、前方の透明な歩脚がよくわかります。
Amami Gallery 14-1 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●TAMRON AF90mm MACRO×1.4Telecon●S-2000×2
2024-02-07 | 甲殻類(エビ類) | Comment

フリソデエビ 


フリソデエビ

ヒトデにのるフリソデエビのペア。
このペアで撮るとき、いつも迷うのがカメラの絞り値です。
2匹の位置関係はエビが動くので常に変化。
できれば両方の眼にピントを合わせたいのですが
被写界深度を深くすれば背景が汚く写る?
結局はエビの動きに合わせて絞り値を変えるしかありません。

「海中写真館」 Amami Gallery 12-8
Nikon D610●TAMRON AF90mm MACRO×1.4Telecon●S-2000×2
2024-02-03 | 甲殻類(エビ類) | Comment

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION