福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真ブログ

アデヤカミノウミウシ 

アデヤカミノウミウシ

見つけると必ず撮影したくなるアデヤカミノウミウシ。
当ブログのウミウシの中では登場回数が最多です。
この個体はこれまでの中では最も小さく、体長は10mm程。
背面の突起も少なく、長さも短く、ミノというよりもトゲっぽい感じ。
アロタウで撮影した entry-1142 と比べると一目瞭然です。
Philippines Gallery 87-4 は絞りを開けてバックをぼかし気味に。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-12-30 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

トゲトゲウミウシ 

トゲトゲウミウシ

前回のトゲトゲウミウシの近くにいた別の個体。
ウミウシは種類ごとに好む環境があり、繁殖のために集まるので
同じ種類のウミウシが近くで複数見つかることはよくあります。
この個体は食事中のようですが、後ろのサンゴがウミウシと同系色。
Philippines Gallery 86-4 は絞りを開けてバックをぼかしました。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-12-26 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

トゲトゲウミウシ 

トゲトゲウミウシ

見つけただけでも嬉しいトゲトゲウミウシ。
さらに嬉しいことにニシキボヤにとまっていました。
トゲトゲの質感をリアルに表現するために被写界深度はやや深め。
バックを暗く、全体をアンダー気味に撮影しました。
Philippines Gallery 86-186-286-3 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-12-22 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

セグロリュウグウウミウシ 

セグロリュウグウウミウシ

ホヤを食べるセグロリュウグウウミウシ。
食べられているホヤには気の毒ですが
ホヤもウミウシも美しいので綺麗な写真が撮影できます。
それぞれが別種?と思われるほど色柄の個体差があり
Philippines Gallery 83 はすべてセグロリュウグウウミウシ。

「海中写真館」 Philippines Gallery 83-8
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-12-18 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

ドーナツマツカサウミウシ 

ドーナツマツカサウミウシ

トランバンで初めて撮影したドーナツマツカサウミウシ。
ユニークな和名ですが、その姿かたちもユニークです。
マツカサウミウシ属の多くはガヤ類に着生しているので
背景が綺麗な写真を撮るには好都合です。
Bali Gallery 316-5316-7316-8 は別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 316-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-05-20 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

テングモウミウシ 

テングモウミウシ

体長約4mmのテングモウミウシ。
海藻についていて、小型種ですが比較的よく見つかります。
この種のモウミウシは正面から見た姿が羊に似ているということで
海外では Sheep Nudibranch と呼ばれ人気です。
Bali Gallery 316-2 は同じ海藻にいた別の個体。
316-3316-4 は近似種のホホベニモウミウシ。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-05-16 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

ミナミアオモウミウシ 

ミナミアオモウミウシ

ウミウシ好きのダイバーの間で人気のモウミウシ。
極小種が多いのですが、このミナミアオモウミウシはやや大きめです。
大きめと言っても体長は約10mm。
小さな体に凝縮された色彩が美しい、フォトジェニックなウミウシです。
Bali Gallery 316-1 は絞りをf18で。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-05-10 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

シンデレラウミウシ 

シンデレラウミウシ

交接中のシンデレラウミウシ。
寄り添った2匹の姿がハート形に見えます。
シンデレラウミウシはやや大形で目立ちますが
数匹が集まって集団見合いをしているような光景をよく目にします。
Bali Gallery 314-3 は違う方向から。
314-1は近くで見つけた別の独身個体。

「海中写真館」 Bali Gallery 314-2
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-05-06 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

アデヤカミノウミウシ 

アデヤカミノウミウシ

いい場所にとまっていたアデヤカミノウミウシ。
どこの海でも見つかる普通種ですが
見つけるとついつい写真を撮りたくなります。
ミノの開き具合や重なり方、体の曲げ具合や触覚の向きなど
ちょっとした違いで写真はガラリと変わります。

「海中写真館」 Pupua Gallery 30-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-03-07 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

クロスジウロコウミウシ 

クロスジウロコウミウシ

Lawadi Beach でよく見られるクロスジウロコウミウシ。
ウロコのような背側突起は表裏で柄が異なり
外側は黒と黄色の筋模様で内側は黒にオレンジ色の水玉模様。
活動中はこのウロコをヒラヒラとさせながら移動するので
英名では Tiger butterfly と呼ばれています。
Pupua Gallery 30-130-230-3 は別カット。

「海中写真館」 Pupua Gallery 30-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-03-03 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

アカフチリュウグウウミウシ 

アカフチリュウグウウミウシ

アカフチが少ない地味なアカフチリュウグウウミウシ。
触覚だけでなく二次鰓の先端、外套膜の縁が赤いのが普通ですが
この個体はアカフチが無いトサカリュウグウウミウシに近い体色です。
ニシキボヤの先端から行き場を失い、ケヤリを前に躊躇している様子。
Komodo Gallery 19-2 は2分後(移動後)の写真です。

「海中写真館」 Komodo Gallery 19-1
Nikon D610●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2
2018-12-29 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

セスジミノウミウシ 

セスジミノウミウシ

ヒドロ虫を食べているセスジミノウミウシ。
いい感じの距離感で2個体いました。
よく見つかる普通種ですが、細長く密集したミノが優美で繊細。
色彩も美しく、なかなかフォトジェニックなウミウシです。
Ambon Gallery 83-7 は縦位置カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 83-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-04-12 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

アデヤカミノウミウシ 

アデヤカミノウミウシ

私がお気に入りの被写体の一つ、アデヤカミノウミウシ。
どこの海でもよく見つかる普通種ですが、写真写りはピカイチです。
細い枝にとまっているところを真上から撮影。
バックを適度にぼかすことができました。

「海中写真館」 Ambon Gallery 83-2
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-04-08 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

センヒメウミウシ属sp. 

センヒメウミウシ属sp.

先端が丸みのある突起が特徴のセンヒメウミウシ属の一種。
センヒメウミウシよりも突起が太く、配色が異なるので
近似種(Aegires sp.)としてご紹介します。
Ambon Gallery 82-3 はセンヒメウミウシ。

「海中写真館」 Ambon Gallery 82-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-04-04 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

エダウミウシ 

エダウミウシ

サボテングサにとまっていた小さなエダウミウシ。
外套膜周縁と頭部周縁に樹状突起があるのが特徴です。
一見地味ですが、触覚が左右離れていてなかなか可愛いウミウシ。
Ambon Gallery 82-1 は別カット。

「海中写真館」 Ambon Gallery 82-2
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-03-31 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

ロボアストラ・テンタクラータ 

ロボアストラ・テンタクラータ

学名ロボアストラ・テンタクラータ(Roboastra tentaculata)。
アカフチリュウグウウミウシの色柄違いのようなウミウシです。
食事中だったのかヒドロ虫の枝の先端にとまっていたので
正面から背景をぼかして撮影することができました。
Ambon Gallery 80-2 は別の個体。

「海中写真館」 Ambon Gallery 80-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-03-27 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

シンデレラウミウシ 

シンデレラウミウシ

見るからにウミウシらしい、存在感のあるシンデレラウミウシ。
繁殖のために同じ場所に数匹が集まっていました。
体を丸めたこの写真の個体は産卵を始めたばかり。
よく見ると産みたての黄色い卵がわかります。
Bali Gallery 280-5280-6280-7 は同じ場所で。
Bali Gallery 259-8 は円周魚眼で撮影。

「海中写真館」 Bali Gallery 280-8
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-11-25 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

セスジミノウミウシ 

セスジミノウミウシ

南の島ではよく見られるセスジミノウミウシ。
美しく、色彩変異が多く、写真写りがいいウミウシです。
Philippines Gallery 68-668-7 は同じ個体の別カット。
どうやらヒドロ虫の枝に卵を産んでいたようです。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D800●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2
2017-08-25 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

ヤマンバミノウミウシ 

ヤマンバミノウミウシ

ウミヒドラ(ヒドロ虫の群体)に着生しているヤマンバミノウミウシ。
ミノウミウシとしては地味なのに、なぜこの名前がついたのでしょうか?
ミノウミウシの多くはヒドロ虫を食用にしているので
背景が美しい写真を撮ることができます。
Philippines Gallery 67-6 はピンク系のヤマンバミノウミウシ。

「海中写真館」 Philippines Gallery 67-7
Nikon D800●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2
2017-08-21 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

アミメハナガサウミウシ 

ホクヨウウミウシ属sp.

ナイトダイビングで撮影したホクヨウウミウシ属の一種(Tritonia sp.)。
夜行性なのか、日中よりも夜間に見つかることが多いです。
このウミウシの仲間は種類が多く、背面突起が様々な形状に変化。
アミメハナガサウミウシと思われますが特定は困難です。
Philippines Gallery 67-1 は別の個体。

「海中写真館」 Philippines Gallery 67-2
Nikon D800●AF-S Micro NIKKOR 60mm×2Telecon●S-2000×2
2017-08-17 | 後鰓類(ウミウシ) | Comment

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION