福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真ブログ

フリソデエビ 

フリソデエビ

正面から見ると1匹でも左右対称なフリソデエビ。
それがなんと上下にも、シンメトリックにとまったペア。
作為的には不可能な、超ラッキーな配置です。
たまたまこの姿勢で2匹がじっとしていたので
迷うことなく真正面から撮りました。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 102-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2020-10-16 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ヒトデヤドリエビ 

ヒトデヤドリエビ

マンジュウヒトデについていたヒトデヤドリエビ。
茶色の個体もいましたが、写真映えがいいのはやはり白い個体です。
写真にとって何よりも大事なのが背景のヒトデの柄とエビの配置。
真上からの最短撮影なのでピント合わせにも全神経を集中します。
Kashiwajima Gallery 102-3 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2020-10-12 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ビシャモンエビ 

ビシャモンエビ

ムチカラマツに共生するビシャモンエビ。
ここに大小2個体がいましたが、写真は小さい方の個体です。
ムチカラマツエビは背面から撮影することが多いですが
背面に突起があるこのエビは側面からが多いです。
Kashiwajima Gallery 117-3 は斜め上から。
117-1117-2 は大きい方の太った個体。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 117-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2020-08-29 | 甲殻類(エビ類) | Comment

オドリカクレエビ 

オドリカクレエビ

ハネウミヒドラについていた小さなオドリカクレエビ。
このエビ、隠れるどころか体を左右に揺らして目立っていますが
クリーニングシュリンプであることをアピールしているようです。
イソギンチャク類をはじめ、ヒドロ虫、ウミエラ、ヤギ類など
いろいろな刺胞動物と共生しています。
Kashiwajima Gallery 116-8 は別カット。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 116-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2020-08-25 | 甲殻類(エビ類) | Comment

アカホシカクレエビ 

アカホシカクレエビ

イバラカンザシに隠れ棲んでいた小さなアカホシカクレエビ。
お花畑のような美しいこの場所がお気に入りのようで
カメラを近づけてもここから離れようとしませんでした。
ちなみに撮影者にとっても離れ難い光景です。
Kashiwajima Gallery 115 はすべてアカホシカクレエビ。

「海中写真館」 Kashiwajima Gallery 115-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2020-08-21 | 甲殻類(エビ類) | Comment

オリヅルエビ 

オリヅルエビ

モアルボアルのナイトダイビングで見つけたオリヅルエビ。
最初はフィコカリス・シムランス?かと思いましたが
捕脚を前に突き出しているので間違いなくオリヅルエビ。
ホストのトゲトサカに比べ、地味な色の個体でした。
以前ご紹介した entry-644 は鮮やかな色のオリヅルエビ。

「海中写真館」 Philippines Gallery 116-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2020-01-10 | 甲殻類(エビ類) | Comment

アカシマシラヒゲエビ 

アカシマシラヒゲエビ

綺麗な場所に隠れていたアカシマシラヒゲエビ。
バックはウミシダ、手前は鮮やかなブルーのカイメン。
エビは地味ですが、周りが美しいので思わずカメラを向けました。
アカシマシラヒゲエビは entry-34entry-35 のように
大抵はクリーニング中を撮影します。

「海中写真館」 Philippines Gallery 78-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-12-02 | 甲殻類(エビ類) | Comment

パロンシュリンプ 

パロンシュリンプ

カイメンに完璧に擬態しているパロンシュリンプ。
体が扁平で、しかも透明なのでわかりにくく
よほどの注意力がないとこのエビは見つかりません。
カイメンが霜降り模様だったので面白い写真になりました。
Bali Gallery 309-7 は別のカイメンで見つけた個体。

「海中写真館」 Bali Gallery 309-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-04-20 | 甲殻類(エビ類) | Comment

イソギンチャクモエビ 

イソギンチャクモエビ

オレンジ色のタマイタダキイソギンチャクにケヤリ
そして絶妙の位置にとまっていたイソギンチャクモエビ。
ケヤリが閉じないように、そしてエビが逃げないように
細心の注意を払って撮影しました。
背景のグリーンはシークレットベイ(バリ島)の海藻です。

「海中写真館」 Bali Gallery 308-5
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-04-16 | 甲殻類(エビ類) | Comment

コガラシエビ 

コガラシエビ

英名ではドナルドダックシュリンプと呼ばれているコガラシエビ。
名前通りのユニークな外見で、ダイバーに人気です。
同系色のカイメンを背景に、アクセントはウミシダとクモヒトデ。
この写真は絞り値をf7.1で撮影していますが
Bali Gallery 307-2 はf11、307-3 は開放。

「海中写真館」 Bali Gallery 307-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-04-12 | 甲殻類(エビ類) | Comment

トゲツノメエビ 

トゲツノメエビ

フリソデエビとともにダイバーに人気のトゲツノメエビ
同じフリソデエビ科で容姿も似ていますが、二回り小形です。
このエビはカイメンの近くで見つかることが多く
運が良ければ美しいカイメンを背景に撮影することができます。
Bali Gallery 306-3 はカイメンの中に隠れた状態。

「海中写真館」 Bali Gallery 306-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-04-08 | 甲殻類(エビ類) | Comment

フリソデエビ 

フリソデエビ

ウミシダを背景に、いい場所で撮影できたフリソデエビのペア。
ダイバーなら誰もが見たいと思う鉄板のマクロネタです。
このエビ、体型が複雑な上に模様が派手なので
体勢やアングルによっては重なりが紛らわしくなることも。
エビの動きを見ながら、最もカタチのいい瞬間を狙います。
Bali Gallery 305-2 は縦位置カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 305-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-04-04 | 甲殻類(エビ類) | Comment

エボシカクレエビ属sp. 

エボシカクレエビ属sp.

ウミエラにとまっていたエボシカクレエビ属の一種。
このエビをトランバンで初めて見つけたのが13年前の2006年。
それ以来、すっかりこのエビのファンになりました。
ウミエラだけでなく、いろいろなソフトコーラルで見つかりますが
この独特のエビぞりポーズを真横から撮るのが一番です。
Bali Gallery 304 は全てエボシカクレエビ属の一種。

「海中写真館」 Bali Gallery 304-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-03-31 | 甲殻類(エビ類) | Comment

コールマンズシュリンプ 

コールマンズシュリンプ

これまであちこちの海で撮影したコールマンズシュリンプ。
ホストがイイジマフクロウニと決まっているので
どれを見ても一見同じような写真に見えますが
よく見るとエビ、ウニともにそれぞれ微妙に違います。
このイイジマフクロウニは棘の色がカラフルな淡色で綺麗です。
Bali Gallery 303-1303-2303-4 は別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 303-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-03-27 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ウミウシカクレエビ 

ウミウシカクレエビ

こちらはミカドウミウシに棲むウミウシカクレエビのペア。
トランバン(バリ島)のナイトダイビングの定番です。
他のウミウシやナマコにつく場合は擬態しているようには見えませんが
なぜかミカドウミウシにつく場合は完璧に擬態しています。
Bali Gallery 302-1302-2302-4 は別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 302-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-03-23 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ウミウシカクレエビ 

ウミウシカクレエビ

2匹のマダライロウミウシに2匹のウミウシカクレエビ。
もともとエビが別々のウミウシにいたかどうかはわかりませんが
このようなウミウシどうしの出会いが
そこに棲むエビの出会いにもつながるのだと再認識しました。
Bali Gallery 301 はこの時の全カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 301-8

Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-03-19 | 甲殻類(エビ類) | Comment

フリソデエビ 

フリソデエビ

体長4mm程の極小フリソデエビ。
これまで撮影した中では2番目に小さな個体です。
このサイズだと特徴のフリソデ(第二胸脚)はまだ小さく
眼や頭上の第一触覚の方がよく目立ちます。
小さくても食欲は旺盛、撮影中もヒトデを放すことはありませんでした。
Pupua Gallery 28-3 は別カット。
以前ご紹介した entry-88 はこれまでの最小記録。

「海中写真館」 Pupua Gallery 28-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-02-27 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ホシナシイソギンチャクエビ 

ホシナシイソギンチャクエビ

イボハタゴイソギンチャクで見つけたホシナシイソギンチャクエビ。
紫色のイソギンチャクの触手が美しかったので、撮影しました。
このイソギンチャクに同居しているのは気が強いトウアカクマノミ。
たとえエビを撮影していても画面内に割り込んでくるので
なかなかエビに集中できません。

「海中写真館」 Pupua Gallery 28-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-02-23 | 甲殻類(エビ類) | Comment

オドリカクレエビ 

オドリカクレエビ

ハナギンチャクの周囲でホバリングしていたオドリカクレエビ。
ハナギンチャクの中央部がオレンジ色で美しかったので
背景に入るようにエビを誘導しながら撮影しました。
Pupua Gallery 27-8 は真上から。

「海中写真館」 Pupua Gallery 27-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-02-19 | 甲殻類(エビ類) | Comment

コガラシエビ 

コガラシエビ

美しい背景で撮影できたコガラシエビ。
ホストは前回のテンクロケボリと同じチヂミトサカです。
ダイバーに人気のエビですが沖縄では珍しく、見つかるのは稀。
日中はホストの根元に隠れていることが多く、あまり外に出てきません。
Kerama Gallery 116-2 は別カット。

「海中写真館」 Kerama Gallery 116-1
Nikon D610●TAMRON 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2018-08-22 | 甲殻類(エビ類) | Comment

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION