福井淳「海中写真館」

福井淳「海中写真館」水中写真ブログ

エボシカクレエビ属sp. 

エボシカクレエビ属sp.

ウミエラにとまっていたエボシカクレエビ属の一種。
このエビをトランバンで初めて見つけたのが13年前の2006年。
それ以来、すっかりこのエビのファンになりました。
ウミエラだけでなく、いろいろなソフトコーラルで見つかりますが
この独特のエビぞりポーズを真横から撮るのが一番です。
Bali Gallery 304 は全てエボシカクレエビ属の一種。

「海中写真館」 Bali Gallery 304-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-03-31 | 甲殻類(エビ類) | Comment

コールマンズシュリンプ 

コールマンズシュリンプ

これまであちこちの海で撮影したコールマンズシュリンプ。
ホストがイイジマフクロウニと決まっているので
どれを見ても一見同じような写真に見えますが
よく見るとエビ、ウニともにそれぞれ微妙に違います。
このイイジマフクロウニは棘の色がカラフルな淡色で綺麗です。
Bali Gallery 303-1303-2303-4 は別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 303-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-03-27 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ウミウシカクレエビ 

ウミウシカクレエビ

こちらはミカドウミウシに棲むウミウシカクレエビのペア。
トランバン(バリ島)のナイトダイビングの定番です。
他のウミウシやナマコにつく場合は擬態しているようには見えませんが
なぜかミカドウミウシにつく場合は完璧に擬態しています。
Bali Gallery 302-1302-2302-4 は別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 302-3
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-03-23 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ウミウシカクレエビ 

ウミウシカクレエビ

2匹のマダライロウミウシに2匹のウミウシカクレエビ。
もともとエビが別々のウミウシにいたかどうかはわかりませんが
このようなウミウシどうしの出会いが
そこに棲むエビの出会いにもつながるのだと再認識しました。
Bali Gallery 301 はこの時の全カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 301-8

Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-03-19 | 甲殻類(エビ類) | Comment

フリソデエビ 

フリソデエビ

体長4mm程の極小フリソデエビ。
これまで撮影した中では2番目に小さな個体です。
このサイズだと特徴のフリソデ(第二胸脚)はまだ小さく
眼や頭上の第一触覚の方がよく目立ちます。
小さくても食欲は旺盛、撮影中もヒトデを放すことはありませんでした。
Pupua Gallery 28-3 は別カット。
以前ご紹介した entry-88 はこれまでの最小記録。

「海中写真館」 Pupua Gallery 28-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-02-27 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ホシナシイソギンチャクエビ 

ホシナシイソギンチャクエビ

イボハタゴイソギンチャクで見つけたホシナシイソギンチャクエビ。
紫色のイソギンチャクの触手が美しかったので、撮影しました。
このイソギンチャクに同居しているのは気が強いトウアカクマノミ。
たとえエビを撮影していても画面内に割り込んでくるので
なかなかエビに集中できません。

「海中写真館」 Pupua Gallery 28-1
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-02-23 | 甲殻類(エビ類) | Comment

オドリカクレエビ 

オドリカクレエビ

ハナギンチャクの周囲でホバリングしていたオドリカクレエビ。
ハナギンチャクの中央部がオレンジ色で美しかったので
背景に入るようにエビを誘導しながら撮影しました。
Pupua Gallery 27-8 は真上から。

「海中写真館」 Pupua Gallery 27-7
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2019-02-19 | 甲殻類(エビ類) | Comment

コガラシエビ 

コガラシエビ

美しい背景で撮影できたコガラシエビ。
ホストは前回のテンクロケボリと同じチヂミトサカです。
ダイバーに人気のエビですが沖縄では珍しく、見つかるのは稀。
日中はホストの根元に隠れていることが多く、あまり外に出てきません。
Kerama Gallery 116-2 は別カット。

「海中写真館」 Kerama Gallery 116-1
Nikon D610●TAMRON 90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2018-08-22 | 甲殻類(エビ類) | Comment

タルマワシ 

タルマワシ

私はソフトコーラルのポリプが大好きですが
ポリプにとまったタルマワシ(俗称)は極小のアクセント。
体長は3mm前後なので、大抵は最短距離で置きピン撮影。
被写界深度が極端に浅いので、この赤目にジャスピンは困難です。
Bali Gallery 181-3 は同じソフトコーラルで撮影した別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 181-2
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2018-07-09 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ガンガゼエビ 

ガンガゼエビ

トックリガンガゼモドキについていたガンガゼカクレエビ。
見つけると嬉しいのですが、撮影はなかなか大変です。
夜行性のウニはライトを嫌がって、棘を激しく動かしながら移動。
棘の隙間から見え隠れするエビをファインダーで追い続け
全身が見えるタイミングを辛抱強く待つしか有りません。
Bali Gallery 180-8 は同じ時に撮影した別カット。

「海中写真館」 Bali Gallery 180-7
Nikon D600●TAMRON AF90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2018-07-05 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ツキホシカクレエビ 

ツキホシカクレエビ

ハナギンチャクの上でホバリングしていたツキホシカクレエビ。
たとえ目立ってもハナギンチャクの上がよほど安全なのか
撮影中に一度も着底することなく、ずっと浮遊していました。
ホンカクレエビの属の一種で、和名がついたのは2010年。
Bali Gallery 180-1180-2180-3 は同じ場所で撮影。

「海中写真館」 Bali Gallery 180-4
Nikon D600●TAMRON AF90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2018-07-01 | 甲殻類(エビ類) | Comment

キサンゴカクレエビ 

キサンゴカクレエビ

ナイトダイビングで撮影したキサンゴカクレエビ。
前回までのムチカラマツエビ同様、全身に斑点模様が出ています。
夜間はポリプが全開のキサンゴですが、ライトを当てるとすぐに萎縮。
この写真も残念ながら触手が縮んでしまいましたが
その分、エビの全身がわかりやすく撮れました。
entry-54 はポリプ全開で撮影できた極小のキサンゴカクレエビ。

「海中写真館」 Bali Gallery 179-4
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2018-06-27 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ムチカラマツエビ 

ムチカラマツエビ

ナイトダイビングで見つけた極小のムチカラマツエビ。
体長は約8mm、ポリプ(触手)と比較してその小ささがわかります。
夜間、体が透けて斑点模様が現れるのは周囲に合わせた巧みな擬態。
長く伸びた触手と一体化して、美しさが際立ちます。

「海中写真館」 Bali Gallery 178-7
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2018-06-23 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ムチカラマツエビ 

ムチカラマツエビ

引き続きバックに色のぼかしを加えたムチカラマツエビの写真。
背景にムチカラマツと同系色のカイメンを入れることができたので
全体の色調をオレンジ系で統一することができました。
Bali Gallery 178-6 は同じ個体を別のアングルから。

「海中写真館」 Bali Gallery 178-5
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2018-06-19 | 甲殻類(エビ類) | Comment

ムチカラマツエビ 

ムチカラマツエビ

夜間に撮影したムチカラマツエビの写真はバックが黒くなるのが普通。
ただしエビが低い位置にいて、背後にホヤやカイメンなどがある場合
ストロボ光を当ててバックを色でぼかすことができます。
Bali Gallery 177-6 は同じ場所でエビが2匹。

「海中写真館」 Bali Gallery 177-5
Nikon D800●AF Micro Nikkor 105mm×2Telecon●Z-240×2
2018-06-15 | 甲殻類(エビ類) | Comment

アカスジカクレエビ 

アカスジカクレエビ

赤い枝に白いポリプ、そして定番のアカスジカクレエビ。
このエビの場合、眼にピントを合わせるこだけに集中すると
透明な体がぼけて、背景に溶け込んでしまうことがあります。
できれば背中にもピントが合うよう、カメラの角度にも神経を。
ポリプをどの程度ぼかすかは迷うところですが
この写真の絞り値はf11、Bali Gallery 175-4 はf5.6。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D600●TAMRON AF90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2018-06-11 | 甲殻類(エビ類) | Comment

キヌヅツミガイsp.&アカスジカクレエビ 

アカスジカクレエビ

真っ白なヤギに赤いキヌヅツミガイの一種。
そこにアカスジカクレエビがとまっていました。
バックに螺旋状の白いヤギをぼかして入れることができたので
黒と白の面白い空間ができました。

「海中写真館」 Bali Gallery 174-8
Nikon D600●TAMRON AF90mm MACRO×1.5Telecon●S-2000×2
2018-06-07 | 甲殻類(エビ類) | Comment

バブルコーラルシュリンプ 

バブルコーラルシュリンプ

薄緑色のミズタマサンゴ(バブルコーラル)。
そこに棲む定番のバブルコーラルシュリンプです。
見た目通りの色を出すために自然光を生かして撮影。
アンボンのバブルコーラルシュリンプは沖縄で見られるタイプと異なり
脚の関節部に青紫色の斑紋があります。
Ambon Gallery 68-168-268-3 はそれぞれ別の個体。

「海中写真館」 Ambon Gallery 68-4
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-02-11 | 甲殻類(エビ類) | Comment

バブルコーラルシュリンプ 

バブルコーラルシュリンプ

転石の裏で見つけた極小のミズタマサンゴと
そこに棲んでいた極小のバブルコーラルシュリンプ。
定番の組み合わせですが、ここまで小さな個体は初めてです。
エビの体長は1cm弱ですが、ミズタマサンゴの直径も約3cm。
写真で見るとホストに対してエビが大きく見えてしまいます。
Papua Gallery 15-5 は横位置カット。

「海中写真館」 Papua Gallery 15-6
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2018-01-10 | 甲殻類(エビ類) | Comment

イソギンチャクモエビ 

イソギンチャクモエビ

美しいハナイソギンチャクモドキに棲んでいたイソギンチャクモエビ。
普段はイソギンチャクの周りにいることが多いのですが
撮影のためにホストの綺麗な部分に移動してもらいました。
やはり落ち着かないのか、すぐに戻ろうとするので撮影は迅速に。
Bali Gallery 272-7272-8 は別カット。

「海中写真館」 未掲載
Nikon D610●SIGMA MACRO 70mm×2Telecon●S-2000×2
2017-11-17 | 甲殻類(エビ類) | Comment

CATEGORY

ARCHIVES

COMMENTS

LINKS

INFOMATION